和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

セミナー2019.10.16

昨夜、セミナーに参加しました。

今回のテーマは「中毒」です。
夜間救急病院で来院する患者さんで一番多いのは下痢や嘔吐などの消化器疾患です。
そして2番目に多いのは異物の誤食や中毒です。

中毒を起こす物質はたくさんあります。
しかし臨床上遭遇することの多い中毒は「チョコレート」「たまねぎ」「キシリトール」「たばこ」「人薬」で、中毒の80%を占めます。

「チョコレート中毒」
カカオの含有量により危険性が異なります。
体重10kgの犬の場合、ブラックチョコ 3/4枚、ミルクチョコ 2.4枚、ホワイトチョコ 218枚で中毒を起こします。
症状は消化器症状、不整脈、痙攣

タマネギ中毒」
赤血球酸化障害での溶血による血尿、黄疸 重症例では腎不全
犬 5~30g/kg 日本犬は感受性が高い
猫 5g/㎏ 犬よりも感受性が高い

「キシリトール中毒」
1時間以内に低血糖による傾眠、運動失調、けいれん発作
9~72時間後に肝障害
1粒/kgで中毒を発現

「タバコ中毒」
発現が早く15~30分で嘔吐、興奮、頻脈、重症例では意識障害、呼吸筋麻痺、不整脈

「イブプロフェン中毒」
人薬の鎮痛剤や風邪薬で125㎎/㎏以上摂取で消化器症状、腎不全、中枢神経症状が発現。
600㎎/㎏以上で死亡
ねこは低用量で中毒を引き起こす

その他よく遭遇する誤食に乾燥剤と保冷剤があります。
せんべいや海苔などに入っている白い粉の乾燥剤は消化管粘膜のびらんや化学熱傷を起こすので注意が必要です。
透明(シリカゲル)や黒(脱酸素剤)はほとんど無害です。

凍らせたとき柔らかい保冷材にはエチレングリコールが入っているものがありえエチレングリコール中毒を起こします。
エチレングリコール中毒は腎毒性、中枢神経毒性があり短時間で死に至ります。
凍らせたとき硬い保冷材は極めて毒性は低いです。

ボタン電池はコイン型もボタン型もどちらも危険です。

橋本辺りはまだまだ環境がよくカエルもたくさんいます。
ガマガエルは噛まれたりすると耳下腺から毒液を放出し、神経症状(幻覚、発作)消化器症状、不整脈を起こします。
捕食すると直ちに死に至りますので注意してください。


ワクチン接種2019.10.12

きょうはROGER君の3回目のワクチン接種をしました。
前回は注射を刺したときに痛そうにしていましたが・・・・
今回は少し大人になったので我慢してました。

これで子犬の時期のワクチン接種は終了です。
1カ月後、狂犬病予防注射です。

全身チェック、体温を測ります。

「痛い」とならないように軽く保定をしてもらい注射をします。

かわいい~~

職業体験実習2019.10.11

10月9日から11日まで高野口中学校の生徒さん3人が職業体験実習に来ました。
診察風景の見学、診察台の台拭き、手術の見学、CHAMP君のシャンプーや歯磨き、事務作業などを体験してもらいました。

患者さんのワンちゃんや猫ちゃんには安全面などから触れてもらうことは出来ませんが動物病院のお仕事については見てもらうことができたと思います。

将来、どのような職業に就くかまだ分からないとは思いますが、働くことの意義などを考える機会になればと思います。

子猫の兄弟2019.10.9

今日、生後2か月の子猫の兄弟がワクチン接種のために来院しました。
もともと母猫ちゃんが庭に住み着いており、
出産後、子猫ちゃん達をリビングの前にまで連れてきて何かを訴えているようだったので、母猫も子猫ちゃん達も保護したそうです。

子猫ちゃん達はもう新しい飼主さんも決まったそうです。
みんなとってもかわいいので大切に育ててくれることと思います。

ROGER君2019.10.8

生後3か月10日になりました。
体重11.6㎏です。
今日もお兄ちゃんのCHAMP君と一緒に激しく遊んでいます。


ページトップ