和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

利き手2021.4.12

今朝 ヤフーニュースで犬の利き手が載ってました。

イギリスの研究チームは多くのイヌが人間と同じようにいわゆる右利きであるとの調査結果を発表した。  リンカーン大学の研究チームは、およそ1万8000匹のイヌがおやつを取る時にどの脚を使うかを分析した。その結果、前脚を使うイヌの8割近くが右を使っていた。  リンカーン大学のエリサ・フラスネリ博士は「脊椎動物は左脳が体の右半身を制御します。餌を食べるなど日常的な動作の指示は左脳の担当なので 右の前脚を使っていると考えるのが妥当です」と説明。右利きの割合はメスのほうが若干高いものの、オスは高齢になるほど割合が高くなっていて、どの脚を使えば効率的なのかを学習している可能性があるとしている。(ANNニュース)

早速、CHAMP君とROGER君で試してみよ!

ティートちゃん2021.4.10

今日は夜オペがありました。
2歳のメスのゴールデンレトリバーのティートちゃんです。

約1か月ほど前にゴム手袋を食べてしまい、便からも口からも出ていない。
2日前に嘔吐をしていたとの主訴で来院されました。

今日は空腹で来院したとのこと。レントゲン検査の結果、空腹にもかかわらず胃内に食べ物とは違う物があるのを確認しました。

今、ゴム手袋を食べたのではないので嘔吐する確率は低いとは思いましたが、もしも催吐処置で出てくれたらと思い嘔吐をさせましたが、やはり残念ながらお嘔吐させることはできませんでした。

このまま胃内にゴム手袋があると慢性胃炎を起こすので手術をすることになりました。

摘出したゴム手袋は胃酸により変化をし硬くなっており、胃から摘出しバットに入れたときにコツンと音がしていました。

以前もらワンちゃんの胃から誤食した使い捨ての手袋が7枚出てきたことがありましたが、その手袋もカチカチに硬くなっていたことがありました。

誤食してすぐなら催吐処置で嘔吐させることが出来たかもしれませんね。
ワンちゃんは予想外のことをしますのでワンちゃんの近くにはいろいろなものを置かないように気を付けてあげてください。

こてつ君&こむぎちゃん2021.4.7

今日、1歳の豆柴犬のこてつ君の狂犬病予防注射と3か月のこむぎちゃんが3回目のワクチン接種に来院しました。

こてつ君、写真では大きく見えますが6㎏、こむぎちゃんは2.4㎏です。

ちっこくてかわいい柴犬ちゃんですね。

4月のご案内2021.4.1

今日から4月。

新しい年度が始まります。

新年度からは新しく看護師も加わります。
この春、専門学校を卒業の2名が新しく看護師として一緒に働くこととなりました。
まだまだ研修中のためご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今月から狂犬病の集合注射が始まります。
4月14日(水)、4月20日(火)、4月21日(水)、5月19日(水)、5月26日(水)の午前の診察は院長不在となります。

フィラリア検査・予防の季節と重なりますので院長の診察希望の方は午後の診察あるいは他の日にちでもご来院をお願いいたします。

コロナウイルス感染予防のためマスクの着用をお願いいたします。
また密を避けるため、待合室ではなくお車でお待ちいただいております。

ご協力お願いいたします。

 西村さん2021.3.31

今日、約4年間看護師として一緒に働いてきた西村さんが退職します。

昨年秋に結婚・お引越しをし、年末での退社を希望していたのですが・・・
門さんの産休・育休や次のスタッフのこともあり、無理を言って3月末まで働いてもらっていました。

西村さんはてきぱきと動いてくれて、本当に一緒に働いていても頼もしく、またいつも笑顔で笑っていて私たちも穏やかな気持ちにさせてくれる看護師でした。

長い間、本当にご苦労様でした。
また橋本来た時には遊びに来てくださいね。

お幸せに・・・

ページトップ