和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

コーちゃん2021.2.4

13歳のオスのコーギー犬のコーちゃん

昨年9月に誤食をしたかもしれないと来院されレントゲン検査をしたときに、膀胱結石があることがわかりました。
その時点では結石による症状がなかったため様子観察を行っていました。

しかし1月7日に尿が出にくいと来院。
レントゲン検査の結果、膀胱結石が尿道に流れて閉塞をしていることがわかりました。

その時はカテーテルを挿入し結石を膀胱内に戻す処置を行いました。

しかしその後、1月18日と30日にも結石が尿道で詰まって尿が出にくくなったので、2月1日の夜に手術をして結石を摘出しました。

術前のレントゲン
陰茎骨の中くらいに結石が詰まっています。

摘出した結石

術後、バルーンカテーテルを挿入し排尿させ、昨日カテーテルも抜去し、自然排尿をすることが出来ることを確認し本日退院しました。

こんな5㎜程度の小さな石が1個なんですが・・・無事に手術も終わり退院できてよかったです。

現在、結石の分析を行っています。
今後、結石の種類にあった処方食を食べて再発予防を行っていきます。

レオ君2021.2.3

このところ夜オペが続きなかなかブログの更新ができなくて・・・
すみませんでした。

昨日は節分でしたね。
昨夜は豆まきをして恵方巻を美味しくいただきました。

ところで昨日の手術は6歳のダックスのレオ君の歯石除去・抜歯手術でした。

レオ君は動物保護団体から譲渡されたワンちゃんです。
とてもフレンドリーなワンちゃんです。

ご家族の方にも大変かわいがってもらってはいるのですが・・・
重度の歯周病のため口臭がきつく、とても一緒に寝ることが出来ないとご相談を受け、歯石除去と抜歯手術を行うことになりました。

術前の状態

歯石が重度に付着し、被毛なども歯に絡み出血しています。

術後の状態

温存出来た歯は7本のみでした。
ほとんどの歯は指で触ると簡単に抜けてしまいました。

痛々しい術後の状態ですが・・・・
1週間後にはかなり歯肉は正常な状態に回復していると思われます。
またレオ君も痛みから解放され、ますます活発になると思われます。

そして、今まで口臭のため一緒に寝ることをあきらめていた飼い主様も、
口臭もなくなり一緒に寝ることもできるようになると思います。

2月5日(金)午前の診察は休診させていただきます。2021.2.2

2月5日(金)午前のしんさつは休診させていただきます。

午後の診察は通常通り行います。
大変ご迷惑をおかけいたします。

地域猫2021.1.28

昨日、今日と2日連続で地域猫の避妊手術と去勢手術がありました。

チケットの期限が迫ってきているため駆け込みで手術の予約が入ったんでしょね。
昨日の猫さんも今日の猫さんもきれいな猫さんでした。
地域の方にかわいがってもらっているのでしょかね。

地域猫が異常繁殖して地域の方とのトラブルにならないように、
猫さんと住人の方とうまいこと共存できるためには
避妊手術や去勢手術は大切なことと思います。

来年度も地域猫さんへの補助があるそうです。
コロナで県も大変とは思いますが・・・
今まで毎年、活動してきているので来年度も補助金が出てよかったです。

でっ君2021.1.25

自宅の愛猫のでっ君は20歳
4月になると21歳になります。

昨年ごろよりすっかり弱ってしまい見るからにおじいちゃん猫さんになってしまいました。

また以前から何回か痙攣があり、抗痙攣薬の投与を行いなんとかコントロールをしていました。

しかし1月11日の早朝に大きな痙攣があり、しかも今までのような短時間ではなく1時間半もの間続きました。
以前に痙攣があったので自宅に抗痙攣薬の座薬を常備しておりすぐに投薬してもなかなか効果が表れず数回投与してようやく痙攣が収まりました。

今回の痙攣ではかなり脳にダメージがあり、ほとんど意識がなく刺激に対しても反応しなくなってしまいました。

またその後、激しい水様下痢や黄疸、血尿といろいろな症状が現れ、もうお別れの時が来てしまったと覚悟をしました。

しかし、昨日ごろより意識も戻り音や私たちに反応するようになり、餌も口に入れてあげると食べるようになってきました。

痙攣直後の危機的な状態からは少し脱したように思われます。
またいつ痙攣が起こるかわかりませんが・・・
もう少し一緒に生活できることを願っています。

ページトップ