和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

猫の日2021.2.22

今日は2月22日 猫の日です。

アニコム損害保険はこのほど、2月22日の「猫の日」にあわせ、「猫の名前ランキング2021」と「人気猫種ランキング 2021」を発表した。調査対象はペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫、約5万2,000頭。

総合ランキング1位は「ムギ」

猫の名前総合ランキングでは、「ムギ」(444頭)が2年連続で1位に輝いた。「ムギ」は、女の子部門でも1位、男の子部門では3位に入り、高い人気を維持している。

以下、2位「ソラ」(367頭)、3位「レオ」(341頭)、4位「ココ」(324頭)、5位「マロン」(264頭)、6位「モモ」(258頭)、7位「キナコ」(255頭)、8位「リン」(254頭)、9位「ルナ」(251頭)、10位「マル」(249頭)と続いた。

男の子部門は、「レオ」(335頭)が4年連続で1位を獲得。2位は「ソラ」(288頭)、3位は昨年5位の「ムギ」(202頭)だった。トップ10圏外からは「チャチャマル」(152頭)が6位、「ルイ」(131頭)が10位にランクインした。

女の子部門は、昨年2位の「ムギ」(242頭)が1位にランクアップ。2位は昨年1位の「モモ」(234頭)、3位は昨年と同順位の「ココ」(229頭)となった。

漢字の名前では、男の子は「茶々丸」(97頭)が2年連続の1位。女の子も「姫」(43頭)が2年連続1位だったが、2位の「茶々」(42頭)と僅差となった。
人気品種ランキングでは、「スコティッシュ・フォールド」(9,104頭)」が13連覇を達成。以下、2位「マンチカン」(5,940頭)、3位「混血猫」(5,321頭)、4位「アメリカン・ショートヘア」(4,340頭)、5位「ノルウェージャン・フォレスト・キャット」(3,479頭)、6位「ブリティッシュ・ショートヘア―」(3,100頭)、7位「ラグドール」(3,079頭)、8位「ミヌエット」(2,204頭)、9位「ベンガル」(1,908頭)、10位「サイベリアン」(1,788頭)と続いた。

ソラ君2021.2.19

生後約9か月のラフコリーのソラ君

今日は去勢手術を行いました。
ただ・・・ソラ君の精巣は陰嚢内にはありません。

停留精巣のため腹腔内に精巣があるため女の子の避妊手術と同じように開腹手術を行いました。

通常、精巣は胎児期には腹腔内にあり生後約1か月ごろ鼠径管を通り6~8週間ごろ陰嚢内に降下します。

しかし鼠径管の発達が悪かったり、 精巣が下降する時に必要なホルモンの分泌障害 などにより精巣が下降できず腹腔内や鼠径部にとどまってしまうことが原因で停留精巣にとなります。

停留精巣からの精子の産生はありません。
また男性ホルモンの分泌も低下していることが多いです。
片側のみ停留精巣の場合は繁殖能力はありますが、両側性の場合は繁殖能力はありません。
停留精巣は遺伝することがありますので繁殖には適していません。

停留精巣が原因ですぐに体調を崩すことはありませんが、精巣腫瘍になりやすく
停留睾丸ではない未去勢のオス犬に比べて6〜10倍の発生率と言われています。

また腫瘍化した精巣から 女性ホルモンのエストロジェンが分泌されて脱毛や乳房発達、骨髄が抑制されることで、貧血が起きる場合もあります。

停留精巣はソラちゃんのような大型犬では比較発生率は低いですが小型犬ではよく遭遇する疾患です。

腫瘍化する前に手術をすることをお勧めいたします。

プロハート2021.2.18

12月1日でフィラリア予防薬の投薬が終わり、今はフィラリア予防薬の投薬は行わなくてもいい時期です。

でも・・・先日、フィアリア予防薬の注射のご案内をさせていただきました。

なぜ??と思われる方も多いと思います。
今回ご案内させていただいたフィラリアの予防注射は
1回注射をすると12か月間効果が持続する注射です。

なので・・・今、注射をしたら来年の今頃まで効果が持続しているのでフィラリアの感染期間中も効果があり予防することが可能となっています。

今の時期は比較的診察も落ち着いているので、フィラリア予防のシーズンに比べ待ち時間も短かいし、毎月フィラリア予防薬を投薬しなくてはいけないわずらわしさからも解放され、しかも確実に予防することが出来ます。

今年からフィラリア予防を注射でとお考えの方はこの時期に接種をすることをお勧めいたします。

どうもありがとうございます。2021.2.15

先日我が家の愛猫のデッ君が天使になったとブログに書いたところ
多くの方からお悔やみやお花をいただきどうもありがとうございました。

今年に入ってからは介護の毎日だったので、朝出勤するときにもういないんだと思ったり、寝る時に猫の被毛の温かみがなく亡くなったんだと寂しく思うこともありますが・・・

院長も私も落ち着いてきています。

本当に心のこもったお声をかけていただきどうもありがとうございました。

デッ君2021.2.12

我が家の愛猫のデッ君が2月11日の早朝に天使になりました。
20歳10か月でした。

1月11日に痙攣がありその後、意識レベルも低下し下痢も続きお別れすることも覚悟しましたがなんとか下痢も止まり、食欲も回復し、時々意識もあるよになり、調子のいい時には喉を鳴らしてくれることもありました。

このまま歩くことはできないけれどもう少し回復してくれたらと思っていましたが、2月1日にまた痙攣が起こりました。
今回の痙攣はなかなか終息せず抗痙攣薬の持続点滴を4日間もしました。

点滴終了後は抗痙攣薬の内服の種類も量も増やしたので痙攣は起こることはありませんでしたが、意識は朦朧としていました。

ただ口の中にフードを入れてあげると食べてくれており10日もパウチ1袋とドライフードをたべてくれてたので・・・・
もう少し一緒にいることが出来ると思ってました。

眠るように天使になりました。
覚悟はできていましたが・・・・やはりとてもさみしいです。

長い間、一緒にいてくれてありがとう。
虹の橋で待っててね。

ページトップ