和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

免疫細胞療法2012.1.14

 3例目のゴン太君
肝臓にも腹腔内にも腫瘍がある
かなり状態が悪いが免疫細胞療法を行うことになった。
かなり状態が悪い・・・
でも飼い主さんのもわずかな希望にかけてみた
でも・・・
まだ1回目の治療を行なう前、
細胞を培養している途中に亡くなってしまった
残念だ。
4例目はコロちゃんになった。
11歳の雑種犬
肺に腫瘍多数
数から言って転移病巣の可能性が高い
QOLをとにかくよくしてやって欲しいとか飼い主さんの希望
まだ全身状態はいい。
頑張って欲しい。

ミミちゃん2012.1.14

 もうすぐ9歳のミミちゃん
我が家の猫たちと模様が似ていて可愛い
2日前から急に元気食欲なくなる
検査の結果、心筋症
肺水腫も起こしている。
みるみる間に呼吸が苦しくなり
今、ICUに入っている。
利尿薬が効かない。
あ~~~
見てられない。
飼い主さんいは難しいとは言っているが・・・
なんとか元気になって欲しい・・・

CHAMP君のシャンプー2012.1.14

 先日、自宅で下痢をして怒られたCHAMP君です。
その後も何回か下痢をして踏みつけてしまい
足や体が汚れたので・・・・
シャンプーをしてもらいました。
いつもの様にシャンプー中はガサガサしていたのですが、
頭の上におっさんの様にタオルを置くと
たちまちモデル犬に変身です。
病み上がりのせいか・・・
眼の下にクマがあるように見えます。
気のせいかなぁ・・・?
そして写真をホワイトボードに貼っていたら・・・
こんな落書きされちゃいました(笑)
DSC08821.JPG

どんな神経してる??2012.1.13

 今日、午前の診察が終わり手術をして、細胞培養をしていたら・・・
急に呼吸困難になったから緊急で診て欲しいと電話があった。
2年前まで来院していた犬のオーナーからだ。
2年前までは定期健診や乳腺腫瘍のオペなどもしていたが、
2年前、フィラリアの検査だけ来院し、予防薬は少し料金の安い他院で処方してもらっている。
それ以降、来院はない。
緊急なのですぐに来院指示。
来院時、既に心肺停止状態。
5分(?)ほど前にガムを食べてのどを詰らせたのか急に倒れたとのこと。
瞳孔散大しており、無理とは思ったがすぐに蘇生処置を行う。
が・・・・蘇生せず。
心臓マッサージ中、飼い主に色々話を聞くと・・
中皮腫(?)で腹水が貯留し他院で治療中とのこと。
主治医に緊急で診てもらわなかったのかと問うと、電話が通じなかった。
だから当院に来たとのこと。
かなり複雑な心境である。
以前、当院に来院していて転院したということは・・・
このオーナーに私達信頼されていないということ
なのによく平気でこの緊急時に来院できたものだ。
決して治療に際しそのようなオーナーでも手を抜くことはない
が・・・
心境として、
1、いつも信頼して来院しているオーナー
2、今回初めて来院したオーナー
3.転院をしたオーナー
の順で私達、獣医師はオーナーと絆が出来ていると思う
自由診療の私達。
いざ会計って時に蘇生出来なかった場合・・・
いつも来院してもらっているオーナーさんには正規の料金は請求していない。
大切な家族を失ったオーナーに対し、最後に出来る私達の気持ちだからだ。
でも今回は時間外料金までしっかり請求させてもらった。
いろいろな意見があると思うが・・・
獣医師とオーナーとの信頼関係ってとても大切だと思う。
あちらこちらの病院を次々に転院する人に対しては信頼関係は築けない。
信頼関係がなければ最良な治療も望めないと思う
オーナーの人もこの点心して欲しいと思う。

ロロちゃん2012.1.10

 ビーグルの1歳4ヶ月の女の子のロロちゃんです。
ロロちゃんは猟犬としてお仕事をしています。
ロロちゃんは7日(土)もお仕事に行き、勇敢にイノシシと戦っていました。
でも・・・
イノシシの逆襲に遭い左後肢の内側にイノシシの牙が刺さってしまいました。
皮膚が7センチほど裂け、筋肉にも深い傷があり化膿しています。
麻酔をかけて傷を綺麗に洗浄し裂けた筋肉や皮膚の縫合をしました。
まだ若いワンちゃんなので傷は完治すると思います。
早く元気になってね!ロロちゃん!!
P1150913.JPG
ロロちゃんは山を走ってお仕事をしているのですが・・・
こんなに寒くなってもダニの寄生が多数見られました。
ということは・・・・
猟犬以外でも草むらに入ったり、野山を走り回っているとダニに刺されてしまうことがあるということです。
もう寒いからとノミやダニの予防を止めると感染してしまう危険があります。
特によくお外で遊ぶワンちゃんや猫ちゃんは予防を忘れずしてあげてくださいね。

ページトップ