和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

慢性腎臓病2012.2.8

 奈良に住む友人からメールがあった。
14歳の愛犬がPUPDでBTしたら慢性腎臓病と診断されたそうだ。
BUNとCREしか私はBTの値を聞いていないので確定診断できないが
IRIS分類 ステージ2と思われる
どうも今まで人間の食べるものをしっかり与えていたようで、処方食だけにすることにとても抵抗を感じているようだ。
病気のことだけ考えるともちろん腎臓病食のみがいいし、投薬も必要。
投薬は前向きに考えているようだが・・・
好きなものを食べれない、与えてあげることが出来ないことが引っ掛かっているようだ
飼い主さん自体、食べることが好きな人だし、ワンちゃんもかなり食欲が旺盛だから
好きなことを取り上げて長生きさせることがいいことかどうか悩んでいるようだ
私は食欲があるうちは処方食を与えたほうがいいと
おやつは蛋白を制限したものならいいと伝えたが・・・
少しはセカンドオピニオンになったかな

松ちゃん2012.2.7

 昨日、松ちゃんが出勤そうそう大泣きした。
日曜日に下に住んでいるおっさんが「1000円貸して」っと言って来たそうだ。
まだ今のアパートに住みだして4ヶ月、
面識もあまりないのに・・・
怖くなり実家に帰り、実家から出勤してきたそうだ
引越しの際、アパマンが「女の人しか住んでいない」と言うからそのアパートに決めたのに・・・
ママがアパマンに文句を言いに行ってくれたが、
ちゃんと対応してくれるか不安だ。
松ちゃんもきつく物を言えない子だから・・・
見ていてイラっとする
チホママや師匠を連れてアパマンに怒鳴り込みに行って欲しいものだ
にしても・・・
大の大人が「1000円貸して」って情けない
子供じゃあるまいし・・・
〇〇組の土建屋のおっさんって言っていたが・・・
あの組の人ならシャーナイかぁ・・・
社長が逮捕されるようなとこだからなぁ・・・
早く安心して出勤できるようになって欲しいものだ。

セミナー裏話2012.2.6

 昨日のセミナーとセミナーの間約3時間
尼崎から梅田に移動。
少し伊勢丹に行くが、これって買い物したいものもないし・・・
1人だったらまだウロウロしただろうけれど・・・
ダーリンもいるし・・・
どうして時間潰そう・・・
まず、日本旅行に行って、来年の旅行どこに行くか検討。
北欧オーロラ、ドイツ、クロアチア、イギリス・・・
なかなか決めかねます。
本とは・・・一番はエジプトなんだけど・・・デモがねぇ・・・
日本旅行に1時間ほど、その後ドトールに移動しさらにお茶しながら1時間
そしてシャトルバスにて帝国ホテルに・・・
ケーキバイキング食べて時間を潰す。
会場で何年かぶりに石丸先生ご夫妻を見かける。
ご主人は時々学会等で見かけているが、奥さんはハワイ以来だと思う。
あまりの老け込みよう・・
道で出会っても絶対にスルーしてしまう自信あり。
ていうか・・・知らない人になってた。
きっと向こうも年取ったと思ってはいるだろうが・・・
も少し私のほうが若く見えるというか若いぞ~~~
私はハワイでの屈辱的な言葉忘れてないから・・・
すっごく執念深く聞えるね・・・
そんなことないんだけれど・・・

セミナー2012.2.6

 昨日はセミナーのはしごです。
朝から学際企画の「犬のクッシング症候群・猫の糖尿病」
東大の松木先生による講演。
これって目新しいことなかったけれど・・・
以前は下垂体肥大による脳症状はあまり取り上げられていなかったが・・・
やはり脳症状の発現する症例もあるみたいです
CT、MRIすすめなくちゃ・・・
猫の糖尿病。
今はその原因が膵炎によるものは多いそうだ。
ふつお君もそうだったんだろうなぁ
卓夫先生はランタスはダメだ!ノボリンNでコントロールするって言っていたけれど・・・
松木先生はランタスかレベミルでコントロールすると・・・
ランタスはやはり持続時間の関係でどうもつかい難いから
こんどレベミル使ってみよっと・・・
7時から帝国ホテルでロイヤルカナンシンポジウムに行ってきた。
帝国ホテルって・・・ロイヤルカナンどんだけ儲けてるねん!
しかもケーキバイキング付き
どっかのアホなテクニシャンが来てケーキを下品にお皿に盛って食べるだけ食べて
講演も聞かずに途中で帰っていった・・・・
見てて気分悪くなったわ~~~
うちのスタッフがこんなことしたら怒り倒すやろなぁ・・・
で・・・
内容はこれこそほんまほとんど収穫なし。
ただ今度発売になったアミノペプチドフォーミュラーはいいかもしれないな。
も少し安かったらいい餌なのになぁ・・・
でも今度試たるわ

コッ君&コロちゃん2012.2.4

 コロちゃんは腎臓ガンが肺に転移して咳がでます。
屋外で飼育されておりどうしても室内に入れることが出来ないとのことで、
病院でお預かりをして咳のコントロールや
免疫細胞療法を行っています。
病院の猫や犬にも慣れてきて、
初めは猫を見て吠えていたのに・・・
今ではすっかり仲良しに。
「元気になってね!」って言っているみたいですね。
P1160257.JPG

ページトップ