和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

和歌山県橋本市 病気や予防、トリミングサロンの専門病院

ブログ

ミーちゃん2012.3.9

 頂き物をしました。
院長室に置いていたら・・・
ゴソゴソとしだし・・・
その音につられてミーちゃんが興味津々で覗いています。DSC09742.JPG
DSC09743.JPG
DSC09744.JPG
DSC09745.JPG
DSC09746.JPG

ふつお君2012.3.8

 今日は自宅の猫の「ふつお」君と出勤です。
先週の「デッ君」同様、健康診断に来ました。

DSC09773.JPG

我が家の最強猫の「ふつお」君ですが、今日はとってもお利口さん
今までの大暴れが嘘の様にすんなり採血できました。

検査の結果も異常なし。
ただ、ふつお君は以前膵炎になっているので膵炎の外注検査もオーダーです。
結果は2~3日後にわかりますが・・・たぶん大丈夫でしょう!!

ふつお君も採血の後は院長室でVIP待遇
院長室ではスリスリしたり
DSC09750.JPG

私の膝の上に乗ってみたり
DSC09761.JPG

CAP君と遊んだり
DSC09772.JPG

そして院長にナデナデしてもらって上機嫌
DSC09771.JPG

ふつお君も私たちも・・・・癒されてます~~~

モモちゃん2012.3.6

 シャム猫系のモモちゃんです。
モモちゃんはもうすぐ8歳の女の子です。

P1160630.JPG

3歳5ヶ月の時交通事故にあい脊髄損傷の大怪我をしたため下半身が不随です。
なので4本足で立つことも自力で排尿や排便をすることも出来ません。

いつもお母さんに排尿や排便をさせてもらっているのですが、
どうしても全ての尿を出し切ることが出来ず蓄尿の状態なってしまい、
尿路感染症が原因で膀胱結石になってしまいました。

尿検査ではストラバイトと言う結石の結晶が認められました。
ストラバイト食餌療法で溶解することが出来る結石なので
1ヶ月間食事療法を行ったのですが、
完全に結石を溶解することができず膀胱炎の症状も続いていたので
3月3日に手術をして結石を摘出しました。
P1160607.JPG

術後は膀胱にカテーテルを入れて2~3日間持続排尿をさせるのですが、
モモちゃんは自力排尿が出来ないため、圧迫排尿を行わなくてはいけません。
圧迫排尿を行い縫合部の癒合が悪くなるといけないので本来より長めにカテーテルを留置する予定です。

術後の経過はよく現在血尿も見られなくなりました。
10日午前中の退院予定です。
これからは食事療法をしっかり行い再発防止をしていきたいと思います。
あまり処方食が好きでないモモちゃんですが・・・
早く元気になってくださいね!

勤務医2012.3.5

 求人案内を見て今日、挨拶に来た。
38歳 嫁と子供4人あり

大学の研究室の後輩に当たるひと
素朴な感じ。

牛を中心に診察しているそうだ
実際、小動物臨床がどれほどできるかは疑問
院内の検査機器みてやや驚いてた。

また何回か実習に来るそうだ。
どうなるのかなぁ

セミナー2012.3.5

 昨日、セミナーに参加しました。
渡辺先生の講義。
先生に会うの久し振り・・・なんかちょっと老けたなぁ

内容は、やや準備不足なところあり。
しかも内容が広すぎて・・・まとまりがなかたなぁ

それより・・・
今の学生に臨床系が全く人気が無いと聞いて驚き
外科は・・・まぁ分からないでもないが
内科も放射線も・・・

え~~~臨床しないで・・・何すんのって感じ
しんどい思い、学生からしとかな・・・
実際働き出したら、学生の頃の比じゃないよ
めっちゃ、肉体的にも精神的にもシンドイのに・・・

だから就職してもすぐに止めてしまう新人が多いんだね。
今、獣医になろうと思ったら、偏差値75くらいいるらしい。
私たちの頃で60くらいだったから・・・
今の学生は頭はいいが・・・大学に入ることが目的になっている学生も多いらしい

そんな草食系の獣医師ばかりいらんなぁ
私らの頃に比べ・・・とても恵まれた環境で勉強してるのに・・・
過保護すぎなんかな

ページトップ