院長、獣医師、動物看護士全員が力を合わせて、皆様の大切な家族の元気と健康のお手伝いをいたします。
やぐら動物病院 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
副作用の少ないガン治療について
HOME > 副作用の少ないガン治療について

犬と猫のガン治療について

ペットの死因の第1位はガンなのです。

ペットのガンも高齢化や遺伝等の色々な要因により増加傾向にあり、
今やペットの死因の1位となっています。
ペットのガン治療も人と同じように治療方法が多様になりましたが、100%根治すると言えない病気です。

表:ワンちゃんの死因の割合

ガンになりやすい犬種

1位 ゴールデン・レトリーバー 6位 フレンチ・ブルドック
2位 パグ 7位 シー・ズ−
3位 ラブラドール・レトリーバー 8位 ミニチュアダックスフンド
4位 ミニチュア・シュナウザー 9位 マルチーズ
5位 ウェルシュコーギー・ベンブローク 10位 ヨークシャー・テリア

出典:アニコム損害保険株式会社

ガン治療のポイント

ガン治療のポイントは人と同じように、早期発見・早期治療です。
特に動物は自覚症状を訴えることができないため飼主様自身に意識していただく必要があります。
健康に暮らしていても定期的な健康診断をお勧めします。
特に7歳以上(大型犬では6歳以上)の動物は年間2回以上の受診をおすすめします。

PageTop

「ガン」と診断されたら

ガンの治療法 〜新しい治療法〜

ガンの治療法は従来までは①外科療法、②放射線療法、③化学療法の3つが主流でした。ガンの種類や進行状況を考えながら治療方法を考えていきます。
しかし、副作用など動物の体に負担がかかることが多く、日常生活に支障がでることもありました。
そこで、副作用がほとんどない、新しい治療方法として、「免疫細胞療法」が始まりました。

ガンの治療方法の比較

  新しい治療方法 従来までの治療方法
免疫細胞療法 外科療法 放射線療法 化学療法
治療方法 体外で活性化、増殖させたリンパ球を再び体内に戻し、体内のがん細胞を排除する。 手術によってがんを切除 X 線や重粒子線などの放射線を照射 抗がん剤の投与
治療対象 全身 局所 局所 全身
副作用 軽微な発熱等のみ 臓器侵襲による出血のリスクおよび正常臓器機能の低下・喪失 がん局部周囲の正常細胞も傷害されるため、後遺症が残る場合もある 増殖の早い細胞に対して働くため、がん細胞のみならず正常細胞もダメージを受ける。

免疫細胞療法とは?

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする免疫力(白血球のリンパ球)という自然治癒力が備わっています。

体内にできたがん細胞や体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃して死滅させます。

免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

免疫細胞療法とは?

PageTop

当院の免疫細胞療法(活性化リンパ球療法)とは?

活性化リンパ球療法

活性化リンパ球療法

動物自身のリンパ球を体外に取り出して、培養し、また体内に戻すというものです。現在行っている治療法との併用も可能で、体力の低下や副作用がほとんど無いのが特徴です。
簡単にいうと、動物自身の血液を用いて、ガン細胞の発症や進行を遅らせるための「点滴」を作る治療方法です。

治療の流れ

  1. ①治療相談
    病状や治療経過についてお聞きして、活性化リンパ球療法のご説明をします。
  2. ②診察・検査
    活性化リンパ球療法を実施するために必要な検査を行います。
  3. ③採血
    培養を行う血液を10〜12ml程度採血します。
  1. ④培養
    2週間程度かけて院内の専門設備で培養を行います。
  2. ⑤点滴注入
    リンパ球を点滴にて注入します。1時間ほどかけて、ゆっくりと点滴していきます。
  3. ③〜⑤の工程を、2週間おきに合計6回投与します。

自己活性化リンパ球療法の4つの特長

自己活性化リンパ球療法の4つの特長

PageTop

よくあるご質問

  • 活性化自己リンパ球治療で癌は治りますか?

    活性化自己リンパ球療法では、 進行癌や末期癌は完全に治すのは難しいと思われます。一方癌の進行を止めたり再発防止する効果、QOL(生活の質)を 改善する効果は大いに期待できます。がんは再発が最も恐ろしいことですから、手術後に活性化リンパ球を投与し、がんの再発を防止することは効果的な治療であると考えられます。

  • がんは完全に切除したと言われましたが、この治療を行う意味がありますか?

    手術により癌が完全に切除できたと言われると、患者さんの多くは、癌が治ったと思われますが、数年後何割かの確率で再発します。「完全に切除」というのは、肉眼的に切除できた ということで、癌が再発する可能性があります。癌を完全に切除した後に活性化自己リンパ球治療を行うことは、再発を防止できる可能性があり、効果的な治療の一つであると考えられます。

  • QOLの改善とはどのようなものですか?

    QOL(生活の質)とは患者さんの全身状態、 具体的には食欲不振や倦怠感の有無等を表します。活性化自己リンパ球療法により、食欲が回復したり倦怠感が無くなるといった改善効果が認められます。 そのため、入院せずに自宅での治療が可能となり、 普段のように散歩に行ったり、などの例があります。

  • 活性化自己リンパ球療法はどんな癌に効果がありますか?
    またどんな副作用がありますか?

    基本的にどのような癌に対しても効果があります。癌の種類で効果の現れ方にも違いがありますが、むしろ癌の進行度の影響が大きいと考えています。手術直後からこの治療を行うことが最も効果のある方法で、 進行するほど効果は一般的に低くなるようです。副作用は軽度の発熱がたまに見られる程度です。 自己のリンパ球ですので重篤な副作用はありません。

  • 活性化自己リンパ球療法と他の療法の併用は可能でしょうか?

    可能です。 抗ガン剤や放射線治療、あるいは漢方療法等との併用は、 お互
    いの治療タイミングを考慮していただければ、むしろ高い効果が期待できると考
    えています。

活性化リンパ球に関するお問い合わせは、
診療の際か、0736-33-5231までお気軽にお尋ねください。

PageTop
CONTENTS

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制