和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

日本獣医再生医療学会

2018.02.05 Monday

3日、休診をさせていただき横浜で行われた日本獣医再生医療学会に行ってきました。

今回は幹細胞療法を中心に聴講してきました。
特に衝撃的だったのは・・・
京都大学ウイルス・再生医療研究所 生体材料学分野の先生の講演です。

再生医療とは生体の持つ自然治癒能力を活用する医療です。
自然治癒能力を促すためには’塾呂旅發ず挧Δ鯆樟寨僂い襦⊆辺環境を整えて細胞の能力を高めることが必要です。

どんなに,稜塾呂旅發ず挧Δ鰺僂い討皚△隆超が整っていなければ細胞が能力を発揮することができません。

例えていえば,録祐岫△浪箸篆料ということです。

今まで再生医療といえば細胞ばかり注目されておりました。
少し反応して治療効果があったと喜んでいましたが・・・
本当はもっと細胞や生体には能力があるのです。

細胞が生着しやすいように足場を作ってあげて、細胞が活発に分裂増殖をしやすいように様々な因子を届けてあげるようにすれば今以上に細胞は能力を発揮することができるようになります。

これらを実現するには様々な分野の人、例えば組織工学の人、薬学の人、医師そし獣医師などが力を出し合う必要があります。

今は再生医療といえば細胞ばかりが注目されていますがもともと生体にいる細胞の能力を高めるように環境を整えてあげれば細胞を入れなくても治療できるようになる日が来るかもしれないとの講演でした。

すっごく熱い先生の講演でした。内容が濃すぎておぼれそうでした。

職業体験実習

2018.02.02 Friday

1月31日から2月2日までの2日間
隅田中学校の生徒さんが職業体験実習に来ました。
本来なら2名予定でしたがインフルエンザに感染したそうで1名だけ実習をしました。

診察台を消毒、手術の見学、手術器具の洗浄、
犬や猫の保定、champ君のシャンプー、歯磨きなどを体験してもらいました。
DSC00593.JPG
DSC00596.JPG
DSC00606.JPG

あまり長い時間お話をすることができませんでしたが
今回経験したことが直接的、間接的に将来の役に立ってほしいと思います。

ワクチン接種

2018.02.01 Thursday

今日は病院の犬と猫のワクチン接種を行いました。
昨日から隅田中学校の生徒さんが職業体験実習に来ているので
保定をお願いしました。
アイちゃん
DSC00573.JPG
CHAMP君
DSC00576.JPG
ツーちゃん
DSC00579.JPG

ミーちゃんはもう19歳と高齢なのでやめました。
これで病気は流行しても安心です。

1月30日(火)午後の診察は7時までとさせていただきます。

2018.01.29 Monday

1月30日(火)午後の診察は急用により7時までとさせていただきます。
また午後の診察は院長1人で行います。
たいへんご迷惑をおかけいたします。

アイちゃん

2018.01.26 Friday

先日購入したアイちゃんの洋服
洗濯したら縮んでしまったようで、寝ていると裾がめくれてお尻が丸出しになってしまいます。
せっかく暖かいようにと洋服を着せているのに、お尻が丸出しになって寒いのではないか・・・と
過保護ママとしては放っておくことができず、新しい洋服を買いました。

DSC00526.JPG

パット見たら有名スポーツブランドのadidasのようですが
実はanzudog(アンズドッグ)です。

DSC00525.JPG

スポーティーな洋服も似合っていてかわいいでしょ!

2月の休診と時間変更のお知らせ

2018.01.25 Thursday

2月3日(土)再生医療学会出席のため休診させていただきます。
たいへんご迷惑をおかけいたします。

常備薬・処方食につきましては午前のみ対応させていただきます。
トリミングサロンにつきましては通常通り営業いたします。
ペットホテルにつきましては時間指定で対応させていただきます。

2月8日(木)セミナー参加のため午後の診察は7時までとさせていただきます。
(受付は6時45分まで)

新しいことを勉強し日々の診察に生かしていきたいと思います。

食糞

2018.01.24 Wednesday

食糞についての面白い記事を見つけました。
特に若いワンちゃんは自分の便を食べてしまう子が多く感じます。
私たちも飼主さんに相談されて色々なアドバイスはさせてもらったりサプリメントを投与してもらったりしますが、完全に食糞が治る子は少ないと感じていました。
この記事を読み・・・・しゃあないか・・・って思うようになりました。


犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?
1/23(火) 18:37配信


感染症のリスクを回避する行動の名残か
愛犬との楽しい散歩中、何か食べていると思ったら、うんち――。

犬を飼う人なら、悩んだこともあるであろうこの問題は、諸説あるものの原因が特定されていない。そのため効果的な対処の術はなく我々の頭を悩ませてきたが、先ごろ、獣医学の専門誌「Veterinary Medicine and Science」に斬新な論文が掲載された。ワシントン・ポストなどが報じた。

牛糞あさって生き延びた子供

カリフォルニア大学デービス校の研究者による新たな研究では、約3000頭の犬の飼い主を対象に調査。すると、16%の犬が糞便を頻繁に摂取していることが明らかになった。食べるのは、排泄から1〜2日以内のものを好む傾向がある。

しかしなぜだろう。研究を率いた同校の応用動物行動センターに勤める獣医師ベンジャミン・ハートは以前、この由々しき問題をグーグルで検索してみたが、満足のいく答えは見つからなかった。「糞食について尋ねても人によって意見が違う。獣医師であろうと行動学の専門家であろうと、推測にすぎないからだ」とハートは語る。クライアントに助けを求められたとき「分らない」と答えたい専門家はいない。
うんちを食べるのはオオカミ時代の先祖返り
ハート率いる研究チームは、多くの飼い主を悩ませてきた糞食問題の解決への糸口を探した。その結果、犬の年齢、食事の違い、犬が自分の尻尾を追いかけ回すといった脅迫行動の有無と糞食に関連性があるという証拠は発見できなかった。糞食を頻繁にする犬の躾がまずかったという説も排除された。

ここで目を付けたのは、糞食する犬の80%が排泄から2日以内の糞を好むというデータ。ハートは、この鮮度こそ、謎を解明するカギだと言う。糞食は1万5000年前の犬の祖先オオカミの、一種の先祖返りだと考える。

オオカミの糞には、腸内に住みついた寄生虫の卵が含まれている。集団生活を基本とするオオカミの群れで病気にかかるオオカミが出た場合、そのオオカミが群れの近辺で排便するのは危険だ。ニュースサイト「MANTAL FLOSS」によると、寄生虫の卵は通常、感染力を持つ幼虫に孵化するまで数日かかる。

そこでハートが考えたのは、病気のオオカミが排泄した感染症の原因になり得る糞便を、健康なオオカミが食べ、群れから離れた場所で排泄する。つまり、病気の感染拡大を防ぐべく仲間の糞を食べていた。そして現代の犬もその性質を引き継ぎ、本能で糞食をしているという説だ。糞食問題は解決されてはいないものの、「この説は理論的だ」と話す。

空腹を満たすために食べるケースも
ペンシルバニア大学教授でこの研究に参加したジェームズ・セルペルは、「飼い犬における、行動および人間との相互作用」と題したハートの考察を「もっともらしい」と評価している。

また研究では、糞食する犬を見て「食欲旺盛だ」と思いこむ飼い主がいることも判明した。確かに、過去の研究で、発展途上国の野良犬は空腹を満たすために残飯をあさったり、人間の糞便を食べたりするケースが報告されている。

「歴史的にこの生存能力を鑑みると、現代の犬にも(糞食が)依然として非常に広い範囲に普及している可能性がある」とセルペルは考える。「現代の飼い犬や猫には、脂肪やタンパク質が比較的豊富に含まれた食事が与えられているが、そのすべてが完全に消化されるわけではない。そこで間接的にも糞便が魅力的な食糧源になる」

アリゾナ州立大学でイヌの研究に取り組むクライブ・ウインも基本的にこの考えに賛成だ。犬のその生態は人間との生活に寄り添うもので、例えば「夕飯の残飯だけでなく、人間がトイレに遺した糞便」も犬にとっては同列のようだ。「食欲という欲求に動機付けされている」という考えを示した。
糞食ストップの躾は100%失敗
ウインによると今回の調査では、他にも重要な知見が得られた。糞食をする犬に「止めなさい」と指示したら従うか、また一般的な躾用の11の製品のいずれかを使って糞食を止めさせることができたかを飼い主に訊ねた。すると、ほぼすべての飼い主が失敗していたという。貴重な成功例はわずか2%で、犬の糞便の味をまずくする錠剤を混ぜた飼い主だった。

とにかく、愛犬の糞食を止めさせたい飼い主にとって状況は絶望的だ。ハートも認めている。だがまだ諦めるのは早い。ハートによると、これまでの躾用の製品は臨床試験を合格したものではない。ハートと仲間たちは「さまざまな治療法で臨床試験を行う予定」で、自らの手で製品開発に取り組むという。悩める愛犬家に救世主が現れる日もそう遠くないかもしれない。

セミナー

2018.01.23 Tuesday

19日は府立大学のセミナーに参加しました。
テーマは「基礎から見直す犬の血管肉腫」です。

血管肉腫は中高齢犬に多く発生しジャーマンシェパードやゴールデンレトリバー、ラブラドルレトリバーでの発症が多いと言われています。

発生部位は脾臓が一番多いです。
その他には右心房。皮膚、皮下、肝臓でもしばしば発生します。

脾臓に何らかの腫瘤が認められた場合・・・
「2/3ルール」と言われるものがあります。

脾臓の腫瘤の2/3は悪性腫瘍
腫瘍の悪性腫瘍の2/3は血管肉腫
腹腔内出血がある場合63〜76%で悪性腫瘍であったのに対し、脾臓腫瘤の破裂のない場合は悪性の割合は30%

診断は問診・一般身体検査、血液検査。レントゲン検査。超音波検査。ECG検査、CT検査などで総合的に検査を行いますが最終診断は摘出した腫瘤の病理検査です。

脾臓の血管肉腫の予後
外科手術単独での中央生存期間は19〜86日、1年生存率は10%以下
脾臓血管肉腫の外科手術+化学療法での中央生存期間は141〜179日、1年生存率は10%以下です。

血管肉腫の場合、発見されたときにはすでに転移していることが多く1年生存率は10%以下です。
ただし近年、獣医医療や超音波検査がしんぽ進歩し早期に、また健康診断時に偶発的に発見されることが多くなってきました。

脾臓の血管肉腫に関しては定期健診でまだ症状が出る前に発見できれば1年生存率も上がると思われます。

セミナー

2018.01.22 Monday

17日18日の2日間、午後の診察を7時までとしてセミナーに参加してきました。

17日は玉造で「皮膚科シリーズ」
今回は皮膚科の薬でした。

以前は治療が難しかった「犬ニキビダニ症」
ニキビダニ症の治療にはドラメクチンが使用されています。
イベルメクチンに比べると有害事象も少なく実績もあり、また寛解率も高く、比較的安心して使用できる薬剤です。
ただ有害事象がゼロではなく0.5%の発生率でした。

近年はイソアキサゾリンが有効で有害事象がないこともあり主流になりつつあります。
寛解までの期間は3〜4か月かかりますが安心して使用できる薬と思われます。

細菌感染に対しては全身投与と局所投与があります。
全身投与を長期間続けていると薬剤耐性菌が出現する可能性があるので
可能ならば局所投与とスキンケア―で治療することが望ましいです。

またマラセチアに対してもスキンケア―と外用薬
特にマラセチアは皮膚の表面で皮脂汚れや油があることにより増殖するため皮脂の管理をすればマラセチアはコントロールすることができます。

そして一番手ごわいアトピー性皮膚炎。
急性悪化期は外用ステロイドと経口ステロイドやオクラシチニブ
慢性期は局所病変に対しては外用ステロイドやタクロリムス
広範囲には経口ステロイド、オクラシチニブ、シクロスポリン 犬インターフェロンγ
それぞれのシチュエーション別に対応する必要があります。


皮膚病は良く遭遇するのですが奥が深いです。

セミナー

2018.01.22 Monday

17日18日の2日間、午後の診察を7時までとしてセミナーに参加してきました。

17日は玉造で「皮膚科シリーズ」
今回は皮膚科の薬でした。

以前は治療が難しかった「犬ニキビダニ症」
ニキビダニ症の治療にはドラメクチンが使用されています。
イベルメクチンに比べると有害事象も少なく実績もあり、また寛解率も高く、比較的安心して使用できる薬剤です。
ただ有害事象がゼロではなく0.5%の発生率でした。

近年はイソアキサゾリンが有効で有害事象がないこともあり主流になりつつあります。
寛解までの期間は3〜4か月かかりますが安心して使用できる薬と思われます。

細菌感染に対しては全身投与と局所投与があります。
全身投与を長期間続けていると薬剤耐性菌が出現する可能性があるので
可能ならば局所投与とスキンケア―で治療することが望ましいです。

またマラセチアに対してもスキンケア―と外用薬
特にマラセチアは皮膚の表面で皮脂汚れや油があることにより増殖するため皮脂の管理をすればマラセチアはコントロールすることができます。

そして一番手ごわいアトピー性皮膚炎。
急性悪化期は外用ステロイドと経口ステロイドやオクラシチニブ
慢性期は局所病変に対しては外用ステロイドやタクロリムス
広範囲には経口ステロイド、オクラシチニブ、シクロスポリン 犬インターフェロンγ
それぞれのシチュエーション別に対応する必要があります。


皮膚病は良く遭遇するのですが奥が深いです。

CONTENTS
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制