和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

わうちゃん

2018.06.11 Monday

11歳のオスのダックスのわうちゃん
半年くらい前から食欲にムラがありすごく餌を食べる時と、食欲がなくなる時期がありました。

発病当初は血液検査やエコー検査では特に大きな異常が見つからず原因不明でした。
その後なんとなく食べておりたまに食べない時があるを繰り返していました。

4月のフィラリア検査や狂犬病予防注射で来院した際にはとても調子がいいと言っていたのですが、5月のGW前に餌を食べなくなったと来院しました。

血液検査の結果、重度の貧血、低タンパク血症が見つかり、
エコー検査では小腸に腫瘍が見つかりました。

重度の貧血と低タンパク血症は腫瘍からの失血と思われます。
すぐに手術を行うと低タンパク血症があるため腸管の癒合の遅延や癒合不全をおこし最悪の場合、腸の内容物が腹腔内に漏れ出て腹膜炎を起こしてしまう危険があったため、まずは内科的に治療をして貧血と低タンパク血症の治療を行いました。


貧血と低タンパ血症の治療を行うとまた元気も食欲も回復し元のわうちゃんに戻ります。
ここで飼主さんに手術のご提案をしたのですが、手術のリスクを考えるとなかなか決断をすることができないでいました。


検診のたびに手術の話をしていたのですが、延び延びになっていたところ5月の末にまた食欲不振と貧血で来院されました
貧血の治療を行うとまた元気になったので、飼主さんもようやく手術を行うことに同意をしていただき6月7日に手術を行いました。


腫瘍ができている腸腸管を約20cm切除しました。
術後は流動食を与え、合併症を起こしていないか注意深く看護し、元気も食欲も回復をしたので今日、退院をしました。


抜糸のころには病理検査の結果もわかると思います。
病理検査の結果次第では抗がん剤なども行わなくてはいけなくなるかもしれませんが・・・
とりあえず退院おめでとうございます。

デッ君

2018.06.08 Friday

自宅の18歳のオス猫のでかお君、通称デッ君
昨夜から急に下痢で元気や食欲がありません。


一緒に飼育しているうす子ちゃん(うっすん)も下痢気味なので
食事か伝染病が疑われます。


高齢になり2頭とも慢性腎臓病もあり、食欲にムラがあるためウエットフードとドライフードの両方を与えています。
昨日もウエットフードはすぐに食べきっていたのに・・・


今日は朝から下痢止めで様子を見ていたのですが、午後の診察終わりにまた下痢をしたので点滴も行いました。


明日には元気になっていてほしいです。
高齢なので心配です。

つばめ

2018.06.06 Wednesday

日曜日の夜はまだ巣にツバメがみんないたのに・・・・
月曜日の朝出勤したらみんな巣立って居なくなっていました。


昨年のツバメたちは昼間はどこかに行っていても
夜になると巣に戻ってきて寝ていました。
けっこう長く夜は帰ってきてたの、このまま冬までいるのではないかと思うくらいでした。


なので今年もツバメも夜になったら帰って来るかと思っていたのですが・・・
月曜日も火曜日もそして今日ももどってきません。



あっけない、あっさりとしたツバメの巣立ちでした。
また来年帰ってきてね。

マロン君

2018.06.05 Tuesday

生後9か月のソマリのマロン君
歩き方がおかしいと来院、検査結果、両後肢の膝蓋骨脱臼があることが分かりました。

膝蓋骨脱臼はいわゆる足のお皿が外れる病気です。
もともと膝の溝が浅いために外れやすくなっているため、手術で骨を削り溝を作る手術が必要です。

マロン君も5月31日に右の足を手術し経過が良好なので明日退院することになりました。
しばらくリハビリを行い歩行がスムーズになったら左足の手術を予定しています。


入院中、足が痛いのにとっても人懐っこく甘えてくれるので、退院するのは少し寂しいですが・・・・
マロン君退院おめでとう。
DSC02031.JPG

セミナー

2018.06.04 Monday

昨日セミナーに行ってきました。
今回のテーマは「ショックを制する者は救急を制する」です。


講師の先生は東京の夜間救急医療センターのセンター長として活躍をされている先生でした。
この先生の講義は何回は受けたことがあります。
でも救急医療は通常の診察と違いのんびり診察をすることができず、、
ワンちゃんや猫ちゃんの状態を診てすぐに判断し治療をしなくてはいけないので
すぐに体が反応できるようにと思いまた講義を聞きに行ってきました。

ショックとは何らかの原因により急激な循環不全を起こし酸素が組織に届かない状態です。
ショックを引き起こす病態には
1、出血や重度の脱水により循環血液量が減少
2、慢性心臓病や不整脈などの心原生
3、心タンポナーデや緊張性気胸や胃拡張症候群などの閉塞性
4、敗血症、アナフィラキシー、神経原性ショックなどの血液分布異常
があります。


これらのショックで遭遇率が多いのは脾臓や肝臓などに腫瘍がありその腫瘍が破裂をし腹腔内に出血した場合です。
急に元気や食欲がなくなり嘔吐やよだれが見られ来院することが多いです。
口腔の粘膜を見ると白っぽくなり呼吸が早くなっていることが多いです。

近年ではあまり遭遇する機会も減りましたが胃捻転症候群でもショックに陥り死亡することが多い疾患です。
胃捻転は大型犬での発生が多い疾患です。(近年は大型犬の飼育頭数が減少しているのであまり遭遇する機会はないです。)

胃捻転の初期は行ったり来たりしながら嘔吐をします。
ショックの前期では不安やヒンヒン鳴き始め、パンティング、流涎
吐きたいけれど吐けない、腹囲膨満になります。
ショック期には起立不能、可視粘膜蒼白、腹囲膨満(硬く張っている)となります。

これらの症状が見られた場合はすぐに動物病院を受診してください。


最後に心肺蘇生の講義がありました。
講師の先生の夜間救急病院において2017年7月から11月までの5カ月間で、心肺蘇生を行った症例のうち70%は心拍の再開は見られませんでしたが、30%自己心拍再開が見られました。退院までできたのは4%でした。

心肺蘇生で大切なのは胸部を圧迫し全身に血液を循環させることです。
圧迫する回数は1分間に120回です。
(音楽でいうと崖の上のポニョやサタデーナイトフィーバーやドラえもんのリズムだそうです。緊急時にこれらの歌を歌っていたら不謹慎ですが・・・
もし自宅でワンちゃんや猫ちゃんに心肺蘇生を行う場合はこのリズムで胸部圧迫を行ってください。)
圧迫の深さは1/3〜1/2の深さまで休まずに行うことです。

あっては困ることですがもしもの場合のために覚えておいてください。

犬が「かきかき」する意外なきもち

2018.06.02 Saturday

もうすぐ梅雨入りですね。
梅雨の季節になると皮膚病になるワンちゃんが多くなります。

皮膚病になると痒みや脱毛や湿疹や紅斑などの症状が見られます。
このような場合はすぐにご来院ください。

痒みがあるとき=皮膚病ではない時もあります。
面白い記事を見つけました。
ワンちゃんが痒がっているけれど皮膚症状がない時はこんな理由があるかもしれませんね。

(以下「いぬのきもち」より引用)

かゆいときだけじゃない!犬が「かきかき」する意外なきもち




「かきかき」に隠された気持ちとは


犬のしぐさの中でよく目にする、後足で自分の体をかきかきするしぐさ。「かゆいのかな?ノミやダニがいるのかな?」と不安に思うこともありますよね。まさに、その通りで「小さなほこりや虫などの異物を取り除きたい」ときに犬はかきかきしていることが多いようです。

しかし、犬がかきかきするのはただそれだけが理由ではありません。実は、自分の感情を表に出すためのシグナルの場合もあるのです。

今回は、犬の「かきかき」に隠された気持ちをご紹介します。


特定の行動をする前の「かきかき」


ブラッシングや爪切りなどのお手入れが苦手な犬は、「いやだなー」という気持ちから、体をかくことがあります。いやなことから逃れて、落ち着こうとしているのかもしれません。
実際に、犬がストレスを感じるとヒスタミンが分泌され、体の一部にかゆみの症状が出ることが分かっています。


退屈しているときの「かきかき」


トレーニングなどで同じ行動を繰り返すのは、犬にとっては「退屈だな」と、ストレスになる場合があります。このストレスから逃れたいときも、犬はかきかきします。

また、誰にも相手にしてもらえない時間が、犬にとってストレスになることも。体をかきかきしていたらストレスを感じているのかもしれませんね。

ただし、このときに飼い主さんが「どうしたの?」と声をかけてしまうと、学習能力に優れた犬は「かきかきするとかまってもらえる!」と覚えてしまうことがあります。


他の犬や人に合ったときの「かきかき


家族以外の人が家へ訪ねてきたときや他の犬に会ったとき、犬が自分の体をかきかきするのもストレス反応の一種かもしれません。

体をかくことに集中し「こっちに注目しないで。攻撃しないから!」とサインを送っているのでしょう。感じているストレスをかきかきすることで中和し、なイヤな気分をやわらげようとしている可能性があります。
来客時にかきかきするしぐさがみられたときは、そんな気持ちなのかもしれませんね。


犬のストレスとなる要因が見つからず、頻繁に体をかきかきするときは病気の可能性があります。よくかいている場所を観察し、皮膚の赤みやただれ、脱毛などがあった場合は皮膚疾患かもしれません。悪化する前に獣医師へ相談しましょう。

フィラリア予防薬の投薬日です。

2018.06.01 Friday

今日は6月1日です。
今年1回目のフィラリア予防薬の投薬日となっています。
お忘れになっていませんか?

フィラリア予防薬を投薬する前には血液検査が必要です。
もう検査も終わり予防薬を処方されているワンちゃんはすぐに投薬をしてあげてください。
検査は終わっているがまだお薬を処方されていないワンちゃんはすぐにご来院ください。
まだ検査をしていないワンちゃんも至急ご来院ください。

猫ちゃんはフィラリアの血液検査はございませんが、1年1回の健康診断をかねて血液検査を行うことをお勧めしています。
フィラリア予防薬はノミの予防も同時の行うことができる滴下タイプです。
内服薬ではありませんので投薬がとても簡単に行うことができます。
猫ちゃんの投薬も6月1日からとなっていますので、まだ予防薬を処方されていない猫ちゃんはすぐにご来院ください。

大切な家族であるワンちゃんや猫ちゃんを恐ろしいフィラリア症から守ってあげてくださいね。

今日はフィラリア予防薬の投薬日です。
アイちゃんもCHAMP君も美味しく予防しました。

DSC01976.JPG
DSC01979.JPG

ツバメ

2018.05.31 Thursday

ツバメのヒナ達がすくすくと成長しています。
今年は2か所に巣を作り卵を温めていました。

1か所は風除室の外にあるセコムの上
もう1か所はダウンライトの上です。

セコムの上のヒナ達は大きく育ち5羽いることを確認しました。
親鳥がひっきりなしに餌を運んできては大きな口を開けて食べています。
DSC01954.JPG

ダウンライトの上の卵は長い間、親鳥が温めいたのですが残念ながら孵りませんでした。
2〜3日前に温めるのをあきらめ・・・・
今は他のダウンライトの上に新しい巣を新築中です。
DSC01955.JPG

また卵を産むのでしょうね。
今度こそかわいいヒナが孵りますように・・・

今年ももう少しツバメに癒されそうです。

お疲れさん会

2018.05.28 Monday

昨日、焼肉の「花川」さんでフィラリアシーズンお疲れさん&あと少し頑張りましょう会をしました。
いつものようにくじ引きで座る場所を決めました。

IMG_0258.JPG
IMG_0257.JPG

院長の乾杯でお食事会の始まりです。

IMG_0263.JPG
IMG_0262.JPG

4月から動物看護師として新しくスタッフになった今西さんに挨拶をしてもらいました。

IMG_0267.JPG

矢野さんからはうれしい報告もありました。

IMG_0270.JPG

いつも美味しいお肉をお腹いっぱい頂き大満足

IMG_0272.JPG
IMG_0274.JPG
IMG_0275.JPG

IMG_0282.JPG
IMG_0283.JPG

さあフィラリアシーズン終盤戦もがんばっていきましょう!!

かわいい子猫もらってください

2018.05.26 Saturday

4月生まれの女の子です。
おかっぱ頭ような可愛い白黒の猫ちゃんです。

どなたか新しいパパやママになってあげてください。
img030.jpg

CONTENTS
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制