和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

クリスマスイブ

2016.12.24 Saturday

今日は12月24日
クリスマスイブですね。
CIMG4779.JPG
CIMG5469.JPG
クリスマスイブなのに頑張って働いてくれたスタッフ達とケーキでお祝いです。
今年はホールにケーキではなくいろいろな味が楽しめるケーキです。
切り分けの必要もないし・・・

仕事終わりにまずトリマーたちが好きなケーキをチョイス
その周りで、犬たちが「僕も僕も・・・」「私も私も・・・」と色めきだっています。
CIMG5472.JPG
CIMG5470.JPG
CIMG5474.JPG
そしてちょっとだけおすそ分けいただきました。
CIMG5476.JPG
CIMG5477.JPG
仕事が終わった看護師たちもケーキの争奪戦。
穏やかな顔しながらお目当てのケーキを狙っています。
CIMG5483.JPG
犬たちも・・・「僕たちまだもらてません。」と役者顔負けの演技でケーキをおねだりしています。
いつもは体重管理に厳しい看護師たちも「今日は特別よ」とばかりにケーキの周りに巻いているラップについているクリームを舐めさせてあげていました。
CIMG5486.JPG
メリークリスマス。
我家にサンタはもう来ませんが、皆様の元にはサンタが来ますように・・・

寿退社

2016.12.21 Wednesday

看護師の平松さん(旧姓)が今日退社しました。
1年4か月間、一緒に働いてくれました。

ようやく仕事もてきぱきとできるようになり、いろいろなことを任せることが出来るようになったところでの退社なので病院としてはとても残念です。

でも、長い人生のなかでも大きなイベントである結婚をし、
もうすぐ出産を迎え、母となる。
人生にとっての大きな船出。
これからの人生、いろいろなことが待ち構えているとは思いますが、
持ち前の明るさで乗り越えてステキな、楽しい家庭を築いてくださいね。

今まで一緒に働くことが出来て楽しかったです。
どうもありがとうございました。
そして幸せになってください。
CIMG5424.JPG

かわいい猫もらってください。

2016.12.19 Monday

生後約6か月の猫ちゃんの新しいパパ・ママを探しています。
男の子2匹、女の子1匹です。

生後6か月と少し大きくなっていますがどなたかこの子たちの家族になってあげてください。

ワクチン接種やノミダニ予防、ウイルス検査など詳しい情報は確認とれていません。(すみません)
img012.jpg

職業体験実習

2016.12.16 Friday

14日から16日までの3日間、古佐田丘中学校の生徒さんが職業体験実習に来ました。
今回は女子学生3人です。

CAP君は術後なので歯磨きは今できないのでブラッシングをしてもらいました。
CHAMP君はブラッシングと歯磨きを、アイコちゃんもブラッシングをしてもらいました。
CIMG5318.JPG
CIMG5323.JPG
いつもはアイコちゃんのシャンプーをしてもらうのですが
今は年末のためトリミングサロンが忙しいので残念ながらシャンプーの体験はしてもらうことはできませんでした。

中学生ですが将来の職業について目標のある生徒さんもいました。
まだ具体的な職業は決めてはいないが理系に進みたいとの希望は3人とも持っているようで頼もしく思いました。

私が獣医を目指したのは高校1年生の時、中学生の時は理科の先生になりたいと思っていました。
彼女たちもこれから色々なことを見聞きし理想とする職業を見つけてほしいと思います。
日本の将来は彼女たちが支えてくれると思います。

年末年始の休診のお知らせ

2016.12.15 Thursday

12月も15日となり何かと気ぜわしい毎日です。
年末年始はどのようなご予定でしょうか?

当院は12月30日午後から1月3日、1月4日の午後、休診させていただきます。
トリミングサロンは12月31日から1月4日までお休みさせていただきます。
ペットホテルは休診中も時間指定で対応させていただきます。

常備薬や処方食の在庫の確認をお願いいたします。
ペットホテルにつきましては1年以内のワクチン接種とノミダニ予防を行ったうえで予約をお願いいたします。

そろそろ年末。
大掃除も頑張ってくださいね。

信貴山

2016.12.14 Wednesday

11日の日曜日に毎年恒例となっています信貴山へ動物慰霊のためのお参りに行ってきました。
IMG_2841.JPG
昨年はいつもの年より暖かくお参りした時にまだ紅葉がきれいに残っていましたが
今年は紅葉のピークは終わっており少しだけ残っているだけで寒いお参りになりました。
IMG_2855.JPG
IMG_2856.JPG
本堂からの眺めはとてもきれいです。紅葉の時期にはもっと美しいことでしょうね。
IMG_2857.JPG
11日はちょうど大根炊きを行っており、厄除けの大根を美味しくいただきました。
大阪弁でいう「ようしゅんでる」大根のおかげで元気になりました。
IMG_2860.JPG
IMG_2852.JPG

慰霊のお経をあげていただいている間、今年1年に亡くなったワンちゃんや猫ちゃんの事を思い返していました。
天寿を全うし幸せな一生を送ったワンちゃんや猫ちゃん、
まだ若くして病気に倒れてしまったワンちゃんや猫ちゃん、
病気の原因がはっきりしてる場合もあればよくわからないこともありました。

私たち人間より犬猫の寿命は短いので、必ず飼主である私たちは愛犬や愛猫の最期を看取らなくてはいけません。
この子たちが病気になったとき、最期が近くなった時、どのような最期を迎えてあげるかは長い間一緒に生活を共にしてきた飼主さんが決めるのが一番だと私は思っています。
とことん治療をして延命してあげるのも、寿命と思ってあまり治療しないのもどちらも正しい選択肢だと思います。
私たちは飼主さんが迷われたときに色々な選択肢をご提案させていただき最善の治療を行い、飼主さんと一緒にワンちゃんや猫ちゃんを看てあげたいと思っています。

今年亡くなったワンちゃんや猫ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
合掌

おまけ
信貴山の看板ネコの「ミーちゃん」が雑誌「猫びより」に掲載されました。
残念ながら今回は出会うことができませんでしたが、お参りがてら会いに行ってみてはいかがでしょうか?
IMG_2847.JPG
IMG_2849.JPG

CAP君

2016.12.12 Monday

先日、CAP君の歯磨きを行っている時に、歯肉に腫瘤があることに気づきました。
また下顎の皮膚にもイボのような腫瘤がありました。

歯肉の腫瘤は良性のエプーリスの場合と悪性の癌の場合があります。
悪性の癌の場合、歯肉以外の組織や臓器に転移をし様々な症状を出し死に至ります。
良性の腫瘤では転移はありませんが徐々に大きくなり餌を食べるときに腫瘤を噛んでしまい出血してしまったり
また顔の風貌が変化してしまうことがあります。

腫瘤が大きくなり完全に摘出できなくなったり、癌で転移をしてしまってからでは手遅れになってしまうので
CAP君は12歳7か月とかなり老齢なのですが、今日手術を行いました。

術前のCAP君
診察台に乗り留置針を入れて血管を確保をしたところです。
まだ何も注射していないのですが、すっかり病人のようになっています。
CIMG5260.JPG
歯肉と皮膚の腫瘤
CIMG5262.JPG
CIMG5263.JPG
手術が終わった後、まだ麻酔が効いているうちに少し歯と耳のお手入れと
健康診断のためのエコー検査も同時に行いました。
(って院長、終わった気になってガウンも脱いでグローブもはいてない・・・こんな写真のせてええん??
まぁ・・・わが子だからええことにしましょう。)
CIMG5270.JPG

摘出した腫瘤は病理検査にだし、どのような腫瘤なのかを検査します。
検査の結果良性で完全切除であれば治療は終了です。
良性でも不完全切除、あるいは悪性との結果の場合は抗がん剤や放射線療法、免疫療法など次の治療を考慮します。
どうか良性で完全切除でありますように・・・

夜セミナー

2016.12.09 Friday

昨日、今年最後の夜セミナーに参加しました。
前回は10月だったのですが、緊急の手術が入ったため参加することができなかったので久々の夜セミナーです。

今回のテーマは「副腎疾患」です。

副腎には皮質と髄質があり皮質からはアルドステロンなどのミネラルコルチコイドとコルチゾールなどの糖質コルチコイドと性ステロイドが分泌されます。
また髄質からは神経伝達物質であるエピネフリンやノルエピネフリンが分泌されます。

ワンチャンや猫ちゃんでは副腎皮質ホルモンの分泌が過剰になる副腎皮質機能亢進症がよく見られます。(副腎皮質機能亢進症の話は10月でした。)
昨夜のセミナーでは反対に副腎皮質ホルモンの分泌が低下する副腎皮質機能低下症(アジソン病)についての講義がありました。

副腎皮質機能低下症は以前は発症は少ないと言われていましたが近年検査機器の向上により発見されることが多くなってきた病気です。
中年期に発症することが多くメスのほうがオスより2倍発症すると言われています。
原因は自己免疫性の事が多く自分の免疫により副腎が破壊されミネラルコルチコイドも糖質コルチコイドも分泌が低下します。

遺伝的にはスタンダードプードル、ベアデットコリー、グレートデン、ウエストハイランドホワイトテリアに多いと言われています。

副腎皮質機能低下症にはこれといった症状はありませんが
多い症状としては食欲にむらがあり、活動性が不安定で削痩、多飲多尿、脱毛、ストレスに弱く虚弱で、寒さに弱く低体温になりやすい。
点滴や注射を打つと元気になるを繰り返すなどです。

診断は血液検査と画像診断で行います。

副腎皮質機能低下症は免疫により副腎が破壊されていますので、治療は分泌されないミネラルコルチコイドや糖質コルチコイドの投薬により不足している副腎皮質ホルモンを補ってあげます。

予後は比較的良好で、中央生存期間は4.7年です。
猫ちゃんは急性期の死亡率が高く初期に亡くなってしまう子が多いですが
急性期を乗り切った猫ちゃんの生存期間は約3年と言われています。

なんとなく食欲にむらがありストレスに弱くすぐに血便が出たり嘔吐してしまうワンちゃんは注意をしてあげてください。

ぬーぷ君

2016.12.07 Wednesday

トリマーの北井さんの愛犬ぬーぷ君は10歳のシーズー犬です。
3月3日、突然元気食欲がなくなり検査の結果、免疫介在性溶血性貧血を発病してしまいました。
発病当初は、日に日に赤血球が減少し粘膜が真っ白になり状態は悪化していきました。
すぐに免疫抑制剤とステロイドの投薬を行い治療しました。

幸いヌープ君は投薬して比較的早期に赤血球の破壊が止まり、輸血を行わなくても貧血は徐々に回復をしました。
ただこの病気は貧血が回復してすぐに投薬を中止をしたらすぐに再発をしてしまうことがよくあります。
また再発した時は以前と同じ治療を行っても薬の反応が悪く、最悪の場合赤血球の破壊が止まらず命を落としてしまうこともあります。

貧血が回復してからは約6か月ほどかけて徐々に薬を減量しそして休薬をします。
ぬーぷ君も9月にようやく休薬することができました。
その後も定期的に検診を行なっており、今日も検診に来院しました。
検査の結果、再発もみられず経過は良好です。
このまま再発せず元気に過ごしてくださいね。
CIMG5170.JPG

2016.12.06 Tuesday

この頃すっかりブログの更新のさぼり癖がついてしまい・・・
これではダメだとネタ探しをしました。

でも・・・・
これと言って思い当たるネタがありません。
なので・・・
今日は猫の写真と先日箱根で買ってきた招き猫の写真で・・・
ちょくちょくさぼっていたため・・・まだブログ更新の本調子でないので(言い訳してます。)
かる〜くウォーミングアップということで・・・
我家の愛猫うすこちゃん
IMG_2835.JPG
箱根の招き猫
IMG_2836.JPG

CONTENTS
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制