和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

犬の緑内障

2017.06.07 Wednesday

14歳の柴犬のはなちゃん
昨夜7時30分ごろから急に左眼を気にしてショボショボさせ、前肢でこすりはじめたと8時に来院されました。

急に眼が赤くなり気にしてショボショボさせた場合、一番考えるのは角膜潰瘍です。
はなちゃんは結膜浮腫はありましたが角膜潰瘍はありませんでした。
その次に考えなくてはいけないのは緑内障です。

急に眼が痛くなりショボショボさせて眼圧が上がる病気です。
高い眼圧が持続すると失明をしてしまう恐ろしい病気です。

昨夜、ハナちゃんの眼圧は正常でしたが正常値の上限だったのと
高齢の柴犬で角膜潰瘍がないことから緑内障の可能性も捨てきれず
今日の午前の診察でもう一度ご来院いただき眼圧のチェックをしました。

昨夜は左眼がショボショボして結膜浮腫がみられ、右目は正常だったのですが
今朝来院した時には両目とも赤目になりショボつかせておりました。
眼圧を測ると左右とも高眼圧になっていました。

すぐに入院をさせて眼圧を下げる注射を点滴と緑内障の点眼薬を頻回さして眼圧を下げる治療を行いまいした。
夜、退院時には左の眼圧は低下し正常になっていましたが右の眼圧は高いままでした。

今は眼圧を下げ視力の回復させるように治療を行います。

緑内障は原因が特定できない原発性とブドウ膜炎などの癌疾患や全身性疾患などにに続発する続発性があります。
柴犬は緑内障の好発犬種です。
普通、片側の目が緑内障になった場合、反対側眼も1年以内に緑内障を発症すると言われています。

はなちゃんの眼圧が低下し視力が回復すること願います。
高齢なので飼主さんは外科手術に対しては消極的なので・・・
なんとか点眼薬で維持できることを願います。

下部尿路疾患

2017.06.05 Monday

猫ちゃんは膀胱炎や膀胱結石といった下部尿路疾患をよく起こします。
特にオス猫ちゃんがこの病気になった場合
膀胱結石や尿道プラグが尿道に詰まってしまい
尿閉を起こしてしまう場合があります。

尿閉を起こすとトイレに何回も行ったり、長い間トイレできばったり
元気や食欲がなくなり尿毒症をおこし嘔吐をしたりします。
治療が遅れると亡くなってしまうこともある恐ろしい病気です。

突然尿閉を起こして来院する猫ちゃんもいますが、
尿閉を起こす前に膀胱炎で来院する猫ちゃんもいます。

膀胱炎で来院し尿検査で結石の成分である結晶が見られた場合は
尿閉を起こさせないように食事の重要性を時間をかけてご説明させていただきます。

どんなにホームセンターやペットショップなどでおいしそうなフードがあっても、
結石ができやすい体質だから購入しないようにと言いうのですが・・・

膀胱炎の場合、直ちに死に直結しないので飼主さんには実感がわかないようで・・・
ついつい美味しそうな餌や安い餌を買って与えてしまうんですよねぇ・・・

で・・・今日も半年前に膀胱炎で来院していたオス猫ちゃんが尿閉で来院。
血液検査の結果急性腎不全になっており、鎮静をかけて導尿しそのまま入院になりました。

以前に膀胱炎の既往歴のある猫ちゃんはくれぐれも食事管理に気を付けてあげてください。

子猫

2017.06.03 Saturday

看護師の瀬川さんがミルクボランティアをしている子猫ちゃん達が大きくなりました。
歯もはえはじめそろそろ離乳の時期になりました。

眼も大きくてクリクリで

CIMG7694.JPG

ヨチヨチ歩きの速度も速くなり

CIMG7693.JPG



今一番かわいい時です。
こんなにかわいいと・・・新しい飼主さんの家に行くときの別れが・・
寂しくなりますね

フィファイア予防薬の投薬日

2017.06.01 Thursday

今日は6月1日です。
ことしのフィラリア予防薬の1回目の投薬日です。
お忘れになっていませんか?

もう検査も済も投薬もお済みのワンちゃんやネコちゃんは次回は7月1日の投薬です。
検査は済んでいるがまだ投薬をしていないワンちゃんやネコちゃんはすぐに投薬をしてください。
まだ検査が済んでいないワンちゃんやネコちゃんは大至急ご来院ください。

職業体験実習

2017.05.31 Wednesday

30日、31日の2日間、橋本中央中学校の生徒さんが職業体験実習に来ました。
今回は女子中学生3名です。

病院はフィラリアシーズン真っ最中でとても忙しく
なかなかお話をしたりする暇はありませんでしたが、
診察台を消毒してもらったり、また配布用のパンフレットやDMはがきなどの準備や、
CAP君の点滴の補助をしてもらいました。

トリミングサロンではアイコちゃんシャンプーをしてもらいました。

CIMG7714.JPG

あまり多くの事を体験してもらえませんでしたが
将来の職業について考える機会となってくれると嬉しいです。

お疲れさん会

2017.05.29 Monday

昨日、焼肉の「花川」さんでフィラリアシーズンのお疲れさん会&歓迎会を行いました。
恒例のくじ引きで座席を決め、今回はこのように座りました。

IMG_3805.JPG
IMG_3807.JPG

まずは院長の挨拶で〜〜す。

IMG_3809.JPG

続いて4月から新しく動物看護師として頑張ってくれている矢野さんの挨拶です。

IMG_3810.JPG

そして乾杯の後は、肉・肉・肉
牛刺しとユッケ
ここの牛刺しは最高に美味しいです。

IMG_3814.JPG

そして焼肉・・・まずはタン塩

IMG_3815.JPG

で・・・そのあとは食べることに夢中で写真撮り忘れてます。
肉食女子たちです。(俗にいう肉食女子ではなく、本当に肉を食べている女子たちです。)

IMG_3816.JPG
IMG_3817.JPG
IMG_3823.JPG
IMG_3819.JPG

途中からは浦さんも参加して・・・
大盛り上がり。

IMG_3833.JPG

まだもう少しフィラリアシーズンが続きます。
頑張ってくださいね。

寝顔

2017.05.26 Friday

この頃は病院内を自由にしているCAP君
最近は医局がお気に入りです。

もうおじいちゃんなのでいったん寝ると深〜〜い眠りにつき
周りでバタバタしていてもお構いなしで寝ています。

しかも今日は・・・
だらしない顔して寝てました。
CIMG7572.JPG

CIMG7573.JPG

舌が出てる〜〜
人間ならヨダレも出る感じやなぁ

ウェブセミナー

2017.05.24 Wednesday

セミナーに参加することができなかったときウェブセミナーを申し込みをして講義を受けます。
ただウェブセミナーは配信期間が長いため
まだ大丈夫、まだ大丈夫と観るのを先延ばしにし
結局、配信終了間際に慌ててみることが多いです。

今日も明日までの配信のセミナーを慌ててみていました。

数日間かけてみたセミナーは「小動物で役立つ薬の話」です。

このセミナーでは臨床以外の事もたくさんありましたが・・・
最後に誤飲時の催吐について話がありました。

誤飲する異物としては紐、靴下やタオル・雑巾などの布類、焼鳥やだんごの竹串、果物や梅干しの種、石や砂、ボール、犬用ガム、プラスチックなどがあります。

また中毒を起こす毒物としては車の不凍液であるエチレングリコール、ナメクジ駆除剤、殺鼠剤、観賞用ユリ、除草剤、人の医薬品、チョコレートなどがあります。

誤飲を行う時期はとくにはありませんが・・・クリスマスやお正月、バレンタインなどのイベント時に増加する傾向があります。

チョコレートによる誤飲
メチルキサンチン類(特にテオブロミン・カフェイン)が原因で動き回る、協調運動障害、発作などの神経症状や頻脈や不整脈などに循環器障害、下痢や嘔吐などの消化器症状を起こします。

テオブロミン・カフェインが20/圓之敕戮涼翔把Ц
40〜50mg/圓能電戮涼翔把Ц、60/坩幣紊波作を起こすことがあります。
また100〜200/圓話彁猯未箸覆蠅泙后

特にカカオの含有量の多いビターチョコにはテオグロビンやカフェインの含有量が多くまります。

テオグロビンの含有量は製品100gあたりミルクチョコレートでは154mg、セミスイートチョコレートでは528mg、ベーキングチョコレートでは1365mgです。

ミルクチョコレート56.7-65g/圓任眞彁猯未砲覆蠅泙后
調理用ちょこはミルクチョコレートの約10倍のテオブロミンが含まれています。
ホワイトチョコレートにはほとんどテオブロミンは含まれていません。

以前はこれらを自宅で誤飲した場合はオキシドールや食塩水を投与して催吐を行ていましたがオキシドールは胃の粘膜がかなりあれるのでお勧めいたしません。
また食塩水は食塩中毒を起こす可能性があります。

もし誤飲をした場合は直ちに動物病院へご来院ください。

血液検査&狂犬病予防注射

2017.05.23 Tuesday

今日、病院の犬と猫の定期検査のための採血と狂犬病予防注射を接種しました。
フィラリア予防薬の投薬が6月1日からなので
それまでに検査しないと・・・と看護師にせかされて検査しました。
どうも我家の犬さんや猫さんはギリギリになってしまいがちです。

CIMG7507.JPG
CIMG7516.JPG
CIMG7511.JPG

猫ちゃんの健康診断も始まっています。
ご案内が届いたころと思います。
猫ちゃんのフィラリア予防&ノミダニ予防のお薬、アドボケートの投薬も6月1日からです。
今なら検査センターで詳しくしかもこの期間のキャンペーン価格で検査してくれます。

もうすぐ6月ですのでお急ぎください。

プチヘルニア

2017.05.22 Monday

今朝、自宅で出勤するために着替えをしていた時・・・
デニムを履こうと足を少し上げたとたん・・・
腰に違和感を感じました。

あれ・・と思いながら準備をしていたら・・・
だんだん腰が痛くなってきました。

これって・・・
プチヘルニア??

今日一日、なんか変な姿勢だし・・
何か動作するときに掛け声いるし・・・

まだまだ元気なつもりでも・・・
確実に老化現象が現れてるってことだよね・・・・

これからフィラリアシーズンの最後の追い込みなのに・・・
頑張れ!!腰!痛みに負けるな!!

CONTENTS
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制