和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

夜セミナー

2017.12.15 Friday

昨夜セミナーにさんかしました。
皮膚病シリーズの4回目「間違いだらけ?のスキンケア」です。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなっておりバリアの主役は表皮と被毛です。
表皮はさらに基底膜、基底層、有棘層、顆粒層、角層で構成されており、皮膚バリアで一番たいせつなのは角層です。

角層には角質細胞が何層か重なっており細胞と細胞の間には細胞間脂質があります。
人間の皮膚は弱酸性ですが犬の皮膚は人間よりもややアルカリ性に傾いています。
アトピーの犬では角層の細胞間脂質の形態に異常があるため、アレルゲンや微生物が侵入したり菌が増殖したりしやすくなり、また皮膚からの水分が喪失しやすくなります。

皮膚病の治療には薬物とスキンケアは必要です。
スキンケアはシャンプーと保湿
シャンプーは皮膚の状態に合わせて選ぶ必要があります。
脂漏症でべたべたの皮膚と乾燥してフケがたくさん出ている皮膚では使用するシャンプーは異なります。

保湿すると言っても皮脂を補う、水を引き付ける、角質細胞に水を含ませる、細胞間脂質を補うと色々な方法があるので複数の保湿剤を組み合わせることがより効果的になります。

どの保湿剤を使うかは皮膚の状態で異なってきます。
また季節によっても保湿剤を変える必要があります。

治療ではなくスキンケアの予防効果・・・
人の新生児に保湿剤を毎日塗布することでアトピーの発症率を低減することができるそうです。
犬でもアトピーを起こしやすい犬種では子犬の時から保湿をしてあげることによりアトピーの発症を低減できるとのことです。

アイちゃん

2017.12.13 Wednesday

いつも食欲旺盛なアイちゃん。
でも今朝は喜んで餌を食べず少し残してしまいました。

またいつもトリマーや私たちがお弁当を食べていたら欲しそうにしているのですが
あまり欲しがらずおとなしくして、おかしいと思っていたら・・・

午後の診察前に下痢をしてしまいました。
今までめったに下痢などしないアイちゃんなのですぐに治療を開始しました。

それから少しして今度は今朝食べたものがあまり消化されずに嘔吐してしまいました。

急性の胃腸炎と思われます。
昨日、今日と下痢や嘔吐で来院されるワンちゃんが増えています。
食慾はあるが下痢しているとか、何回も下痢をしていて血便になってきたとか・・・

血液検査をしても肝臓や腎臓や膵臓などの主要臓器の数値は正常なワンちゃんがほとんどで急性の大腸炎と診断しています。

急激に寒くなったことなども関与していると思われます。
季節的に下痢や嘔吐が多いので・・・・
食べなれない物やはじめてのおやつや人間の食べ物を与えるのは注意をしてください。

猫の置物

2017.12.12 Tuesday

患者さんから猫の置物をいただきました。
京都へ紅葉狩りに行った時に買っておいてくれたそうです。
ワンちゃんの処方食を取りに来た時に・・・
「先生、猫好きですよね。」って渡されました。
ありがとうございます。

とても幸せになれそうな笑顔のステキな猫ちゃんです。

CIMG7040.JPG

地域猫

2017.12.09 Saturday

昨日と今日、地域猫の手術をしました。
保護したと連絡があり2匹同時にと言われたのですが
既にほかの手術が入っていたため2日に分けて手術を行いました。

昨日はオス猫、今日はメス猫でした。
保護した方もオスかメスかわからないので、麻酔をかけてから雄雌の確認をして手術をします。

今回の保護ネコちゃんは2匹ともまだ生後4〜5か月と小さかったのですが、
次回いつ捕まるかわからないとのことでしたので、本来ならあと1〜2か月後に手術をしてあげるほうがいいのですが・・・捕まえることができず妊娠をしてしまっては大変なので手術をしました。

また保護した方ができれば飼育をしてあげたいとのことだったので、
ノミダニの予防と駆虫と猫白血病ウイルスと猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)の検査も同時に行いました。

まだ小さい猫ちゃんなので人間に慣れて飼育してもらえるといいですね。

地域猫の去勢手術、不妊手術については保健所にお問い合わせください。

時間変更のお知らせ

2017.12.06 Wednesday

12月14日(木)セミナー参加のため午後の診察は7時までとさせていただきます。
(受付は6時45分まで)
たいへんご迷惑をおかけいたします。

年末年始の休診のお知らせ
12月30日(土)午後から1月3日(水)まで休診させていただきます。
1月4日(木)は午前のみ診察で午後は休診させていただきます。
1月5日(金)から通常通り診察を行います。

常備薬や処方食のご確認をお願いいたします。

トリミングサロンは12月31日(日)〜1月4日(木)までお休みします。
1月5日(金)から通常通り営業いたします。

ペットホテルにつきましては時間指定で対応させていただきます。

忘年会

2017.12.04 Monday

昨日「とくさ」さんで忘年会をしました。
まだ少し早いのですが、これから12月は病院もトリミングサロンも忙しくなるので「12月も頑張ろう会」的な意味もある忘年会です。

席順はいつものようにくじ引きで決め、こんな席順で座りました。
IMG_5016.JPG
IMG_5017.JPG
IMG_5018.JPG
IMG_5020.JPG
IMG_5021.JPG

院長のあいさつの後乾杯で宴の始まりです。
まずはお刺身の盛り合わせ。
刺身好きには嬉しいお料理です。お酒に合う〜〜〜
IMG_5025.JPG
IMG_5024.JPG

今回もメインはカニです。
まずはカニすき
IMG_5028.JPG

焼きガニ
IMG_5037.JPG

みんなかにが出てきたとたん無口になり・・・
かにと向き合いほじほじしたりしゃぶりついたり・・・
かにと格闘していました。
IMG_5039.JPG
IMG_5030.JPG
IMG_5033.JPG
IMG_5047.JPGIMG_5049.JPG
IMG_5051.JPG
IMG_5052.JPG

で・・・この笑顔・・・最高です。
IMG_5044.JPG

その他、コロッケやかき揚げなども出てきて、さらに〆のうどんに雑炊
もう満腹です。

今年もあと1か月、忙しくなりますが頑張ってください。
そして今年も頑張ってくれてどうもありがとう。
来年も(まだ早いですが・・・)みんな仲良く働きましょう。

迷い犬を探しています。

2017.12.02 Saturday

9月17日 高野口名古曽で柴犬系雑種のメス犬がいなくなりました。
お心当たりある方はご連絡ください。
どんな些細な情報でも構いません。
どうぞよろしくお願いいたします。


img027.jpg

フィラリア予防薬の投薬日

2017.12.01 Friday

今日は12月1日です。
今年も残すところ1か月となりました。

6月から毎月1回投薬したフィラリア予防薬の最後の投薬日です。
お忘れになっていませんか?

今年は秋が短く、先日まで暖かな日があり蚊の吸血活動も長かったと思われます。
11月に蚊に刺されて感染したフィラリアはこの12月の投薬で駆除をします。
今はもう寒くなり蚊に吸血されることもありませんが・・・
12月の投薬は11月に蚊に刺されて感染したフィラリアを駆除するものです。

12月の投薬を忘れてしまい感染したら、今まで6月から投薬をして予防していたことが無駄になってしまいます。
必ず投薬をしてあげてください。

またノミやダニですが冬は活動が低下し夏ほど寄生することはありませんが、全くいなくなってしまうということはありません。

今日もノミアレルギー性皮膚炎の猫ちゃんが来院し、実際にちょっと被毛をかき分けただけでノミを発見することができました。
ノミ・ダニの予防は通年することが理想です。

かわいい愛犬・愛猫のためにフィラリア・ノミ・ダニ予防を忘れずにしてあげてください。
CIMG6757.JPG
CIMG6762.JPG

インフルエンザワクチン

2017.11.29 Wednesday

今日、インフルエンザワクチンを接種してきました。
これからの季節インフルエンザが流行するので、
感染してしまい仕事を休まなくてはいけなくなっては困るので毎年流行前に接種しています。
アホやから風邪も寄り付かないといつも院長には言われてますが・・・(笑)

寒くなると・・・
猫ちゃんも風邪ひきが流行します。
ヘルペスウイルスにより感染する猫伝染性鼻気管炎やカリシウイルスによる猫カリシウイルス感染症です。

これらの病気は泡沫感染をしますので、風邪ひきの猫ちゃんと同じ空間にいたり接触したり、
窓を開けて網戸にしている時に野良猫ちゃんが窓辺でくしゃみをして感染したり
また飼主さんが風邪ひきの猫ちゃんを触ったり抱っこをしてウイルスを持ち帰り感染することもあります。

症状は元気が食欲がなくなりくしゃみや鼻水や結膜炎による涙です。
またカリシウイルス感染症では口内炎や肺炎なども起こし死に至ることもあります。

ウイルスなので目には見えないため予防が必要です。
猫ちゃんにもワクチンがありこれらの病気を予防することが可能です。

特に外出可能な猫ちゃんや多頭飼育をしているご家庭の猫ちゃんは必ず接種をしてあげてください。

セミナー

2017.11.27 Monday

昨日セミナーに参加しました。
今回のテーマは「画像診断集中講座 第2弾 胸部編」です。

第1弾の「腹部編」は参加することができなかったのですが動画配信があったためそちらで受講しました。

講師の先生は東京の先生で、標準語というよりは今どきの若者のしゃべり方をする先生で、動画を初めて見た時は講義の内容よりも先生のしゃべり方が気になって・・・
院長に「しゃべり方がいやや」と散々言っていたのですが、
何回も聞いているうちに慣れてきて、そのうち面白く感じるようになっていました。

今では院長と物まねをするくらいです。
「すんげー悪そうじゃないっすか〜?」とか「〇〇なんすよ〜」「じゃあ〜次、腎臓いっちゃいますっか〜」「これ〜ヤバくないっすか〜」(ニュアンス分かっていただけますか?)

昨日も開口一番「休みの日にこんなに集まってくれて嬉しいっす」から始まったので、もう楽しくて・・・内容もしゃべり方も飽きさせないセミナーでした。

さて内容ですが・・・胸部の画像診断ですが、胸部は肺があるため基本的にはレントゲンが主になります。
レントゲンの読影のコツや注意点など、新たなこともたくさんありました。
さらに肺に対してのエコーの使い方。
特に肺水腫時は緊急であり、またレントゲン撮影など危険を伴うこともあるのでエコーを当てて診断する方法や気胸の治療時のエコーの使用の仕方などとても濃い内容のセミナーでした。

今回も動画配信も予約してきたので何回も見ながら内容も先生のしゃべり方も楽しもうと思っています。

CONTENTS
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制