和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

講演会

2018.03.19 Monday

昨日、動物愛護センターにて幼齢動物に関する特別セミナーがありました。
講師は院長です。

事前登録が必要だったのですが・・・
会場にはたくさんの方が聴講に来てくれました。

また最後の質疑応答でも質問もいただき・・
無事終了してよかったです。

アンケートでも勉強になりましたとかもっと聞きたかったなど嬉しいコメントがありました。
これから新しくワンちゃんや猫ちゃんを飼われる方やミルクボランティアの方に少しでも役立つ情報を提供できたのであれば幸いです。
IMG_5492.JPG

マトリョーシカ

2018.03.16 Friday

かわいいマトリョーシカを景品でいただきました。
猫です。

DSC01018.JPG

開けてみると・・・・
青色の猫ちゃんが出てきます。

DSC01017.JPG

さらに開けてみると・・・
緑の猫ちゃんです。

DSC01016.JPG

みんな並べて・・・
かわいい〜〜

DSC01015.JPG

ねこ君

2018.03.15 Thursday

5歳のオス猫の猫君
半月ほど前から元気・食欲がなく発熱がありました。
血液検査やレントゲン検査にて胸部に液体が溜まっていることが分かり
超音波を見ながら胸腔穿刺をおこない左右の胸部から膿汁を排出しました。

1回目の排出後、元気食欲も回復し、呼吸状態も落ち着いていたのですが
数日後また呼吸が荒くなり胸部に膿の貯留が認めらました。

2回目の胸腔穿刺後もまた膿が貯留してきたため
胸腔内にチューブを留置をする手術を行いました。

チューブが常時、胸腔内にあるので1日数回排膿をすることが出来ようになりました。
また胸腔洗浄や胸腔内に薬剤を注入も容易にすることができるようになりました。

しばらく入院が必要ですが膿が溜まらなくなったらチューブを抜去し退院の予定です。
早く元気になるように頑張ってくださいね。
DSC01019.JPG

膿胸とは胸腔内に膿瘍が貯留した状態の事です。
原因は外傷、肺のウイルスあるいは細菌感染、肺寄生虫感染、異物の体内移動などです。
臨床兆候が発現するまでに1〜2週間(場合によっては数か月)かかることがあるため原因疾患が分からないこともよくあります。
もっとも多い可能性は猫同士のケンカによる咬傷やひっかき傷と思われます。
症状は呼吸困難、食欲不振、体重減少、意識障害、発熱です。
治療は抗生剤の投与、胸腔チューブの設置、および栄養管理です

椅子

2018.03.12 Monday

待合室の椅子。
木製で温かみのある椅子なんですが・・・
今の病院に移転してすでに10年が経過し、
色があせたり、ワンちゃんの爪痕がついたりと傷みが激しくなっていました。

先日から知人にお願いをして椅子の修繕をしてもらいました。
表面を少し削り、こげ茶色の色を塗り、ニスで仕上げてもらい
すっかり新品のようになりました。

椅子が新しくなり、なんか気持ちよく仕事できそうです。

春が来た

2018.03.10 Saturday

日に日に暖かくなり春を実感する毎日ですね。
今日は目に見える春がやってきました。

昨年作ったツバメの巣に、ツバメが帰ってきました。
昨年、子育てをしたツバメかもしれないし、巣立ったツバメかもしれませんね。

まだここで卵を産んでヒナを育てるかどうかはわかりませんが
なんかうれしいです。

おかえりなさい〜〜〜
また今年も私たちを楽しませてくださいね〜〜〜

DSC00956.JPG

夜セミナー

2018.03.09 Friday

昨日、夜セミナーに参加しました。
今月から軟部外科シリーズが始まります。

まず1回目は避妊手術・去勢手術です。

日ごろの手術の中で一番多い手術なので今さら感はあったのですが・・・
少しでも新しいことがあればと思い参加しました。

流石に術式等では目新しいことはありませんでしたが・・・
局所麻酔による疼痛管理の部分で少し気になることがありました。

当院では開腹後、局所麻酔薬を腹腔内に入れて腹腔内ブロックにより疼痛管理をおこなっています。

昨日のセミナーではさらに切開する部分に局所麻酔薬を投与し切開線浸潤ブロックをしたり、卵巣靭帯浸潤ブロックをして疼痛管理を行なっていました。

麻酔・疼痛管理WSAVA推奨プロトコールでは
腹腔内ブロック or 卵巣靭帯浸潤ブロック or 切開線浸潤ブロックとありandではありませんのでどれかをおこなえばいいので現在のままでもいいのですが・・・
実際、卵巣靭帯を切開するときにやや心拍数が上がることがあるので、
次回は卵巣靭帯浸潤ブロックにより疼痛管理を行ってみようと思います。


日ごろよく行っている手術ですが改めて勉強してみて、気が引き締まる思いがしました。
(実際、セミナー参加者は少ないだろうと思っていましたが・・・満席で驚きました。)

事前申し込み開始

2018.03.07 Wednesday

先日ご案内させていただきました3月18日(日)に動物愛護センターで行われます
幼齢動物に関する特別セミナーの申し込みが始まりました。

申込期間は3月7日〜18日までとなっています。
先着80名様だそうです。(っていうか聞きに来る人いなかったらと心配しています。)
これから子犬や子猫を飼育しようと思っている方やミルクボランティアをしようと思っている方など多くの方に聴講していただきたいと思っています。

院長の講演内容のスライドも完成してきました。
講演の原稿もだいぶ出来上がってきたようです。

子犬・子猫のケアの仕方と罹患しやす疾病についてわかりやすく講演する予定です。

事前申し込みどうぞよろしくお願いいたします。

セミナー

2018.03.06 Tuesday

4日の日曜日にセミナーに参加してきました。

今回のテーマは「下痢・嘔吐に対する画像診断アプローチ」です。

下痢や嘔吐といった症状は毎日の診察で必ず見る症状です。
ただその原因は様々で単純な胃腸炎もあれば肝臓病、腎臓病、膵炎の事もありますし
また脳が原因で嘔吐の症状を示すこともあります。

このような時、触診や視診はもちろんですが血液検査や画像検査などを実施することにより確定診断を行います。

今回は特に胃・腸・胆嚢・膵臓のエコー検査をメインに勉強をしてきました。

エコー検査は他のセミナーでも何回か聴講したことがありますが・・・
近年、エコーの機器自体がよくなっており以前では見つけることができない病変も見つけることができるようになりました。

また画像の描写のアプローチの仕方も色々あり、
今まで確認しにくかった臓器も描写できるようになってきました。

新たな発見もあり明日からの診療に役立てたいと思っています。

3月の時間変更のお知らせ

2018.03.03 Saturday

3月8日(木)セミナー参加のため午後の診察は7時までとさせていただきます。
たいへんご迷惑をおかけいたします。

3月より新シリーズ・軟部外科シリーズです。

少しでも日々の診療に還元できるように勉強してきます。

幼齢動物に関する特別セミナー

2018.03.02 Friday

3月18日(日)13:30〜14:30
和歌山県動物愛護センターにて幼齢動物に関する特別セミナーがあります。
演題は「幼齢動物(犬・猫)のケアと疾患」です。

なんと講師は院長です。
ミルクボランティアの方やこれからなろうと思う方、興味のある方
子犬・子猫を飼おうと思っている方などたくさんの方に聞いていただきたいです。

参加は無料
定員80名です。
ただし事前申し込みが必要となります。

院長のガチガチに緊張した姿を観に行ってくださいね〜〜〜(笑)


幼齢動物に関するセミナー.pdf

CONTENTS
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制