和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

ツバメのヒナ

2019.06.26 Wednesday

ツバメのヒナ達、順調に成長をしています。
だいぶ大きくなり、巣から顔を出すようになってきました。
たぶん・・・4羽くらいいそうです。

親鳥たちは一日中、餌を運ぶのに一生懸命です。
親鳥が巣に帰ってくると大きな口を開けて餌をもらっています。

巣立ちにはもう少しかかりそうです。
巣立つまで・・・毎日、私たちを楽しませてくれることでしょう。

DSC06425.JPG

DSC06422.JPG

椅子

2019.06.25 Tuesday

診察室の椅子が変わりました。
飼主さん用も私たち用も新しくなりました。

傷んできていて・・すごく気になっていたので
これで気持ちよく仕事ができます。

飼主さんが「椅子変わりましたね。」とすぐに気付かれるのには驚きです。
椅子・・見てるんだ。

DSC06418.JPG

DSC06419.JPG

休診のお知らせ

2019.06.24 Monday

7月4日(木)都合により休診させていただきます。
急なお知らせで申し訳ありません。

フィラリア予防薬、常備薬、処方食などは午前のみ対応させていただきます。
トリミングサロンにつきましては通常通り営業いたします。


たいへんご迷惑をおかけいたします。

しつけ教室

2019.06.22 Saturday

今日しつけ教室がありました。
今回は初めてワンちゃんを飼う方を対象としたパピー教室です。

今日は3頭のワンちゃんの飼主さんが勉強をしに来てくれました。
2カ月のバーニーズ
1才のチワワちゃんが2頭です。

ワンちゃんのものの考え方やトレーニングの仕方など
分かりやすく説明をしてくれます。

最後にはCHAMP君のデモンストレーションがあります。
色々なコマンドに正しく反応し
賢いところを披露しています。
(ママはちゃんとできるかどうかいつもドキドキしていますが・・・)


子犬ちゃんだけではなく困ったことや心配事がある方はご相談ください。
講義の後に個別にアドバイスもさせていただいています。

夜セミナー

2019.06.20 Thursday

18日、夜セミナーに参加しました。

今月から新シリーズが始まります。
今回から6回シリーズで「救急の基礎体力アップ」です。


ショックを引き起こす病態には4つあり
循環血液減少性ショック
心原生ショック
閉塞性ショック
血液分布異常性ショックがあります。

今回は「循環血液減少性ショック」です。

循環血液減少性ショックは出血や重度の脱水(重度腸炎、膵炎、アジソン)で起こります。

救急で来院する循環血液減少性ショックで多いのは肝臓や脾臓の破裂による腹腔内出血です。

肝臓破裂と脾臓破裂の割合は圧倒的に脾臓が多く
肝臓が15%、脾臓が85%です。
脾臓破裂の原因は脾臓血管肉腫が63%、血腫が26%となっています。

治療は輸液や輸血、止血剤、低体温予防、状態により緊急手術です。


ショックは短時間で死に至る緊急疾患です。
ショックの初期の段階で診断できるように知識を高めていきたいと思います。

フォトコンテスト作品募集

2019.06.14 Friday

まだ先の話ですが・・・・
11月17日、今年の動物愛護フェスティバルが白浜近くの上富田文化会館で行われます。

今年もフォトコンテストを開催いたします。
開催するにあたりかわいい動物の写真を募集しています。

サイズは2Lでカラーでも白黒でも構いません。
締切は9月末日となっています。

詳しくは当院までお尋ねください。


2年続けて台風のため動物愛護フェスティバルは中止となっています。
今年こそ開催されることを祈っています。


img046.jpg

ツバメ

2019.06.13 Thursday

ツバメの卵が孵化しました。
今年はカラスに一度襲撃されていたので
もう卵を産まないのかと思っていました。

毎年、かわいいツバメのヒナの成長を見るのを楽しみにしていたので
とてもうれしいです。
まだ卵を温めているので孵化していない卵がまだあるのでしょうね。

そろそろカラス対策をしないといけません。
毎日の楽しみがふえました。

DSC06310.JPG

改正動物愛護法

2019.06.12 Wednesday

動物愛護法が改正されました。
犬猫にマイクロチップが義務づけられました。
既に飼育中のワンちゃんや猫ちゃんにつきましては努力義務です。

マイクロチップをご検討の方は来院前に一度ご連絡ください。



以下 時事通信 引用

犬猫にマイクロチップ義務付け=虐待罰則も強化−改正動物愛護法成立

犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。



 飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に役立つ。生後56日以内の犬や猫の販売禁止や動物虐待への罰則強化も盛り込まれた。改正法は議員立法。

 マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器で犬や猫の体に埋め込む。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の情報と照合できる。

 改正法は、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録を義務付ける。登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届け出を義務付ける。
既に飼っている人には、装着の努力義務を課す。

 改正法は他に、出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止。
現行法にも同じ規定はあるが、ペット業者らの要望を踏まえ、経過措置として「49日(7週)」とされていた。

 動物の虐待への罰則も強化。現行は、動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」を科しているが、「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げる。

 原則、公布から1年以内に施行するが、マイクロチップの義務化は3年以内、「56日」規制は2年以内とする。

代車

2019.06.10 Monday

これと言った話題を探すことができません。
すみません。


今日から3日間
院長の車が代車になるので・・・・

CHAMP君は私と出勤と退社をします。

いつも院長は7時過ぎに出勤しているが
私は8時30分くらいに出勤


いつもはその頃には朝ごはんを食べ終わっているので・・・
明日からは3日間、朝お腹すくだろうなぁ

食べること命のCHAMP君にはつらい3日間になりそうです。

2019.06.07 Friday

14歳10か月のメスのダックスのラムちゃん
4年3か月前に歯石除去手術を行いましたが
また歯石が付着してきました。

高齢なので麻酔をかけての歯石除去手術に不安を感じていた飼主さん
でも歯石除去もしてあげたいと悩んでおられました。

麻酔をかけることができるか術前検査を行ったところ腎臓も肝臓も心臓も異常が認められなかったので
歯石除去手術を行いました。

術前の状態

DSC06255.JPG

DSC06256.JPG
DSC06259.JPG

かなり歯石が付着をしています。
また前歯はグラグラと動揺をしています。


術後の状態

DSC06260.JPG

DSC06263.JPG

DSC06264.JPG

DSC06261.JPG

レントゲン検査の結果、臼歯は軽度〜中程度の歯周炎はありますが抜歯をせずに温存することができました。
前歯は動揺している歯を抜歯し歯肉の縫合をしました。


年齢的に麻酔をかけて歯石除去を行うのは今回が最後だと思われます。
まだまだ元気なので歯石が付着しないようにしっかりとブラッシングをしてくださいね。

CONTENTS
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制