和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

デンタルガム

2018.11.30 Friday

ライオンから新しいペット用デンタルガムが発売になりました。

特徴は

  〈むことで歯の汚れをおとす独特の構造、ウィングエッジ構造
 ◆〔斉葉に含まれている「カルコン」というポリフェノールを配合
  適度な弾力と大きさで長く咬めるガム
 ぁ.錺鵑舛磴鵑梁膵イなミルク風味
 ァ(董小麦・トウモロコシ不使用

実際とてもいい匂いで弾力があるガムです。


サイズはXS(2〜5塒僉法■咫5〜10塒僉法Ⅿ(10〜20塒僉砲3サイズです。
ブラッシングとの併用でより良いデンタルケアーを行うことができます。

DSC04275.JPG

img038.jpgimg039.jpgimg040.jpg

ココ君

2018.11.28 Wednesday

看護師の門阪さんの愛犬ココ君です。
今日はトリミングサロンでシャンプーカットをしました。

インパクトのある髪型ですね。
かわいいと思うのですが・・・なんか笑けてきます。

DSC04242.JPG

DSC04245.JPG<

ファッションショー

2018.11.22 Thursday

自宅のピレニーズにはサイズが小さいからとCHAMP君にお洋服を頂きました。

とっても暖かそうでかわいいお洋服です。
しかもとっても高価だと思われるものを2着も・・・

どうもありがとうございます。
早速ファッションショーをしてみました。

フリー素材の迷彩柄のロンパース



DSC04199.JPG
DSC04202.JPG


2着目はオールインワンコート

DSC04194.JPG
DSC04191.JPG

とっても暖かそう。
どうもありがとうございました。

今までCHAMPくんはつなぎタイプの服を着たことがなかったので
今回初めてつなぎタイプの服を着て・・・ロボットみたいな変な歩き方をしてスタッフ達に大笑いされてました。

CHAMP君

2018.11.21 Wednesday

今週になり急に寒くなってきました。
寒くなるとなかなかお布団から出るのがつらくなってきますよね。

そう感じるのは・・・人間だけではないようです。
CHAMP君もほら・・・

DSC04108.JPG
DSC04109.JPG
DSC04110.JPG

動物臨床医学会

2018.11.19 Monday

11月17日、18日の2日間、動物臨床医学会に参加しました。

今年もたくさんの事を勉強してきました。
行動学の講義は楽しく聴講することができました。

「柴犬に多く見られる問題行動」

柴犬は小型の日本犬で国の天然記念物に指定されており日本犬の中で最も飼育頭数が多い犬種です。
威張犬には4系統があり信州柴犬、山陰柴犬、秋田柴犬(縄文柴犬)、美濃柴犬に分けられ保存されています。

「タヌキ顔」の柴犬は信州柴犬に由来し、昔ながらの「キツネ顔」の柴犬は縄文柴犬に由来すると考えられています。

柴犬の遺伝子学的な特徴は多くの洋犬と異なり、オオカミに近いことです。

柴犬は家族に対する攻撃と他犬に対する攻撃、獲物追跡傾向が高い犬種です。
また柴犬の3割弱は尾への吠えや自傷を伴う尾追い行動を示した経験があり、国内の人気犬種のうちで最高位でした。

攻撃行動

自己主張性攻撃行動:犬が自己の意思を通すために生じる攻撃的な行動
所有性攻撃行動:犬が自ら所有していると認識している物を防御するために威嚇や危害を与える個体に見せる防御的な攻撃行動


攻撃行動の治療:マ初期対応として適切な飼育環境【運動、あそび、社旗的刺激により犬の満足度を上げる)
攻撃行動のきっかけとなる刺激や状況である誘発刺激をできる限り回避し攻撃行動が起きないようにする。
根本治療を行ううえで犬と飼主の関係性が整っていることは非常に重要であるため、罰な嫌悪刺激を中止する。
過度の攻撃性や根底にある不安があると判断された場合には薬物療法を行う

柴犬の攻撃性は私たちもよく相談を受けます。
簡単なアドバイスで解決する場合もありますが、攻撃性が激しい場合には専門医の診断治療が必要となることも多いです。

獣医臨床医学会

2018.11.16 Friday

11月17日、18日と獣医臨床医学会に参加してきます。

11月17日(土)は休診させていただきます。
処方食、常備薬につきましては午前のみ対応させていただきます。

トリミングサロンにつきましては通常通り営業いたします。


ペットホテルにつきましては時間指定で対応させていただきます。


たいへんご迷惑をおかいたします。

2日間しっかりと勉強をしてきます。
そして刺激を受けてきます。

ブラベクトスポット猫用

2018.11.15 Thursday

猫用のノミダニ駆除薬。
以前はフロントラインが主流でした。

現在もフロントラインのような1か月に1回首筋に滴下するスポットタイプが主流ですが、
ノミダニ予防以外に、フィラリア予防、消化管内寄生虫駆除、耳ダニ駆除などノミダニ予防以外の効果もある製品で予防をする猫ちゃんがほとんどです。

これから冬になりフィラリア予防が不要になってきます。
ただノミダニは冬でも寄生する可能性がありますので予防が必要です。

毎月の投与が飼主さんにも猫ちゃんにもストレスになっていることが多いと思います。
冬の期間は投薬のストレスを軽減できるブラベクトスポット猫用をお勧めします。
犬用ブラベクト同様、1回の投与で3か月間効果が持続します。
有効成分のフルララネルは節足動物に選択的に作用し、猫ちゃんや人間には安全な成分なので安心して使用することができます。

スポットタイプの投薬でお困りの猫ちゃんや投薬を忘れがちな飼主さんにお勧めいたします。

DSC04105.JPG

狂犬病

2018.11.13 Tuesday

YAHOOニュースで気になる記事を見つけました。

モロッコで猫に咬まれた英国人が狂犬病で死亡したとこことです。

狂犬病は犬と人間だけではなくすべての哺乳類が感染します。
幸い現在日本での発生はありませんが、海外に行くとまだ狂犬病の発生している国は多くあります。

旅先ではどんなにかわいくても動物には触らないようにしましょう。
またいつ日本に狂犬病の動物が入ってくるかわからないので、ワンちゃんは必ず予防注射を接種してください。


以下YAHOOニュースから引用

ネコにかまれ狂犬病に、英国人男性が死亡
11/13(火) 12:52配信


野良猫(2012年10月21日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】英公衆衛生庁(PHE)は12日、モロッコでネコにかまれた英国人男性が狂犬病で死亡したと明らかにした。狂犬病が発生している国、中でもアジアやアフリカの国を旅行する際には動物との接触を避けるよう、国民に改めて注意を促している。

 英PA通信(Press Association)によると、男性は2〜3週間前にモロッコでネコにかまれたが、狂犬病の迅速な処置を施されなかったという。

 狂犬病は感染すると脳炎を引き起こす。初期症状が出てからでは治療は手遅れで、患者はほぼ確実に死に至る。

 英国で狂犬病による死者が確認されたのは、2000年以降では7例目。

 PHEによると英国内では1902年以来、コウモリ以外の動物を介して人が狂犬病を発症した例はない。

 コウモリを感染源としたものでは、2002年にスコットランドで感染者1人が出ている。海外では2002〜17年に英国人5人が旅行中に罹患(りかん)している。【翻訳編集】 AFPBB News

ナナちゃん

2018.11.12 Monday

14歳のメス猫のナナちゃん

8月初旬に腹部に傷があると来院されました。
診察の結果乳腺腫瘍が自潰していました。


猫の乳腺腫瘍は9割が乳癌です。
乳腺腫瘍が自潰している場合、すでに転移をしていることが多く、手術をするか悩まれました。

このまま様子観察だと腫瘍が大きくなり自潰している部分も大きくなり常に痛みを伴うため、緩和的手術を行いました。

摘出した腫瘍は病理検査を行い、乳腺癌ですでに転移を起こしていました。
転移している場合、抗がん剤の適応となりますが飼主さんは抗がん剤治療は希望されず緩和治療をすることになりました。


術後は元気にしていたのですが徐々に食欲が少なくなり10月末からはほとんど餌を食べなくなりました。
脱水もあり自宅で点滴をして水分の補給を行ってもらいました。


このように状態が悪くいつ亡くなってしまうか分からない状態なのですが・・・
飼主さんが11月6日から1週間出張で不在となるためペットホテルでお預かりをすることとなりました。


既に肺転移も重度となり呼吸も荒く、お預かり中に死亡する可能性があることもお伝えしてお預かりをしました。

6日から毎日、流動食を与え点滴などの治療を行いました。
毎朝毎朝、生きているか心配しながら出勤をし、診察中も何回もチェックをして・・・
明日、ようやく飼主さんがお迎えに来てくれます。
明日の午前中まで・・・かなり状態は悪いけれど頑張ってくれると思います。

大好きな飼主さんに会えるように、住み慣れた自宅に帰れるように・・・
ただただ祈るばかりです。
ナナちゃん頑張れ!!

クローン犬

2018.11.06 Tuesday

YAHOOニュースでクローン犬ビジネスについての記事がありました。

愛犬や愛猫が亡くなった後、全く同じ犬や猫を飼育することってどうなんでしょうと私は思います。


見た目は同じでも・・・オリジナルの犬や猫と過ごした記憶はクローンには受け継がれてはいないわけだから・・・
クローンを飼育してもまた一から信頼関係を構築していかなくてはいけませんよね。

考え方は人それぞれなのでクローンがいいとかダメだとかは決めることは出来ませんが・・・
私はオリジナルの犬や猫との一期一会を大切にしたいと思います。




死んだ愛犬を再生 韓国のクローン犬ビジネス
11/5(月) 18:10配信

「死んだペットがそっくりそのまま蘇る」クローン技術を使って愛犬と遺伝情報をもった犬を作成する、そんなビジネスが韓国にあります。手掛けたクローン犬は1300匹あまり、1匹約1000万円で愛犬を復活させるといいます。その依頼のほとんどは、アメリカやドバイなどの海外から、そして日本からも…。倫理的な批判もあるなか、ビジネスとしてクローン犬を生み出すその現場を取材しました。

MBSニュース
クローン犬は1匹1000万円
「韓国・ソウルのスアム生命工学研究院。病院のような雰囲気ですね。この中でクローン犬が作られているということなんです」(辻憲太郎解説委員)

韓国・ソウル市内にあるスアム生命工学研究院。10年前からビジネスとしてクローン犬を作成しています。さっそく、犬の鳴き声がする部屋に案内されました。

「これが…クローン犬ですか?」(辻解説委員)
「全部クローン犬です」(スアム生命工学研究院 王載雄(ワンゼオウン)研究員)
「6匹いますけど、全部同じということなんですか?」
「そうです。1匹のオリジナル犬の細胞の核を使って複製したので、全部同じです」
「子犬のころはそんなに違いはわからないかもしれないですけど…確かに白いぶちの入り方なんかが全部一緒ですね」

現在、このケアルームにいる約30匹の子犬はすべてクローン犬。産まれてから依頼者に引き渡すまでの約半年間はワクチン接種や検疫を受けるため、ここで育てられています。クローン犬1匹の価格は1億ウォン。日本円で約1000万円です。

「韓国国内からの依頼はほとんどありません。北アメリカが50%ぐらい、あとの50%はいろいろな国です。現在ここにいるほとんどがドバイからの依頼です」(王載雄研究員)
Q.お客様は富裕層が多い?
「富裕層の方はもちろんいます。でも中間層の方でも、自分の車を売ったりして依頼される方もいます」

これまでに作成したクローン犬は約1300匹。死んでしまった愛犬がそっくりそのまま蘇るとあって、世界中からいろいろな犬種の依頼が来ているといいます。

代理母犬がクローン犬に授乳
このビジネスのきっかけは何だったのでしょうか。

「きっかけはクローン犬を初めて作った研究所でもあるということと、『技術は人に近づかなければならない』という研究所の思いがあるので、商業化するべきだと考えました」(王載雄研究員)
Q.この犬は?
「代理母犬です。授乳のためにいます。ここにいる代理母犬がクローン犬を出産しました」
Q.犬種は雑種ですか?
「雑種です」

代理母となる犬はさまざまな犬種の親になるため、体が大きく落ち着いた性格の犬が選ばれます。負担がかからないよう代理母犬になるのは1回だけと決められています。

「代理母犬から生まれたクローン犬がお母さんのおっぱいを吸っていると。やっぱり自分から生まれたということをわかっているんでしょうかね。お母さんもおとなしくお乳をあげています」(辻解説委員)

MBSニュース
クローン犬が誕生するまで…
クローン犬はどのようにして作られているのでしょうか。実験室に入れていただきました。

「細胞は液体窒素で保管しています。細胞を管理して犬の死後にクローンを作る人もいます。1つのボックスに100個ぐらいのキューブが入っていて、1つのキューブに1000万の細胞が入っています」(王載雄研究員)

何匹分が保管されているは企業秘密とのことですが、依頼があればここから細胞を取り出してクローン犬を作ります。

「オペ室から卵子が運ばれてくると、こちらの部屋でクローンを複製します」(王載雄研究員)

クローン犬を作るには複製したい犬の体細胞から遺伝情報が入った核を取り出します。そして、代理母となるメス犬の卵子を取り出し、その卵子からも核を取り出します。そして…

「取り出して空になった卵子に遺伝情報が入った核を入れるんです」(王載雄研究員)

複製したい犬の核が卵子に入ることで卵子から代理母の遺伝情報は消え、クローン犬のもとである胚ができるのです。その胚を代理母犬の子宮に入れ着床。こうしてクローン犬が生まれるのです。

出産の現場へ
「1か月後に超音波で妊娠しているかどうかを確認します。その1か月後にクローン犬が誕生します」(医師)

手術室への入室が許されました。

「特別な許可をいただきまして、手術室に入らせてもらいました。まさにこれからクローン犬誕生の瞬間を目撃することになります。代理母犬が運ばれてきました。まもなく手術が始まります」(辻解説委員)

自然分娩はできないので、帝王切開で取り出します。依頼されているのはヨークシャテリアのメスのクローンです。

「子宮の中に1匹入っています」(医師)

取り出された子犬は、すぐに保育器に入れられ体温が下がらないよう処置が行われます。鳴き声をあげませんが、母犬の麻酔の影響で眠っているだけなので大丈夫なのだそうです。

「出てきましたね。10分ぐらいで帝王切開の手術が終わりまして、代理母とは全く似ても似つかないヨークシャテリアですね」(辻解説委員)

20分後、目覚めたクローン犬。か細いながらも産声をあげ、無事に成功となりました。

MBSニュース
Q.クローン技術をビジネスに使うと、倫理的な問題・批判が指摘されると思うが?
「新しい技術やアイデアは最初、どうしても拒否反応や反対する声が上がります。例えば人工授精が初めて行われたときも『あれはサタンの仕業だ』とか『神の仕事、領域に人間が入った』とかいろいろな批判がありましたが、今は受け入れられています。クローンという技術もいずれ愛される、そういう時代がくると思います」(スアム生命工学研究院 王載雄研究員)

CONTENTS
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制