和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

猫の日

2018.02.22 Thursday

今日は2月22日
猫の日です。

色々な企業が猫の日を楽しんでいるようです。
https://sirabee.com/2018/02/22/20161515903/

猫の日なので・・・
今猫ちゃんに多い病気について。

この頃ワンちゃんは下痢が多いと昨日のブログで書きましたが
猫ちゃんで今多いのは膀胱炎や膀胱結石です。

症状は血尿、頻尿そして尿閉です。
特にオス猫ちゃんが結石による膀胱炎を起こした場合、結石が尿道で閉塞を起こしてしまうことが多いです。。
発見が遅れ、尿が3日でないと死亡する確率が高くなります。

カテーテルを挿入し尿道につまった石を膀胱内に戻し排尿させるのと同時に、腎臓のケアーをする必要があります。

猫ちゃんが何回もトイレに入ったり、トイレで長い間気張っていた場合すぐにご来院ください。
また予防としてはいつもトイレを清潔に保ち、いつでも飲水出来るようにししたり、下部尿路疾患予防用の処方食を与えてあげてくださいね。

下痢

2018.02.21 Wednesday

今週になり下痢のワンちゃんの治療が多いです。

特に餌を変更したり新しいおやつを与えたわけでもなく
また来客があったとか近所で工事が始まったとか旅行をしたとかの環境の変化があったわけでもなく
いつもと変わらない生活をしていて下痢になっています。

そのほとんどが大腸性の下痢で、便の回数が増え、ドロッとした粘液が出たり鮮血が便に混ざったりしています。
食欲の低下は見られないワンちゃんの方が多いですが、食欲不振も見られたり嘔吐をしているワンちゃん見られます。

今特に下痢を起こすような伝染病が流行しているわけではないし、室内飼いでお散歩も行かないワンちゃんも下痢になっているので、季節の変わり目によるものと思われます。(比較的高齢のワンちゃんが多いように思われます。)

寒い日と暖かい日があったり昼夜の寒暖の差があったりしますのでよくワンちゃんの様子を見ていてください。
そしてひどくなる前にご来院くださいね。

リア君

2018.02.19 Monday

2歳5か月のソマリのリア君
当院に来院した昨年10月の時点で歯肉口内炎がありました。

歯肉口内炎は難治性口内炎とも言われる歯肉及び口腔粘膜の慢性炎症です。
症状は口腔の後部粘膜に発赤、潰瘍、肉芽様組織の増生が見られ
ヨダレ、採食困難、開口時の奇声、口を気にする仕草、疼痛が見られ、重度になると食欲不振のため体重減少があります。

原因は口腔内の細菌、ウイルスの関与、免疫反応の異常などがあげれています。

治療は内科的治療としては抗菌薬、ステロイド、免疫抑制剤、消炎鎮痛剤、インターフェロンなどです。
これらの内科的治療で完治することは少なく最終的には外科的治療が必要となることが多いです。

外科的治療には歯石除去などの口腔内清浄や抜歯があります。

リア君も内科的治療を行っていましたがいつも歯肉が発赤し少し触るとすぐに出血してしまい肉芽の増生も見られるようになっていたため17日に抜歯処置を行いました。

抜歯処置を行う場合、まず全臼歯抜歯を行います。
全臼歯抜歯を行い完治しなかった場合は全顎抜歯を行います。
全顎抜歯では残っている前歯と犬歯の抜歯を行います。

リア君も全臼歯抜歯を行いました。
また前歯はすでに何本か抜けており、残っている歯もグラグラになっていたため前歯もすべて抜歯をしました。
なので残っている歯は犬歯4本です。

抜歯後、痛みで餌が食べれないことがあるため鼻カテーテルを留置し流動食の投与と鎮痛剤の持続点滴を行いました。

術後、口腔内を特に気にする仕草もなく、口を触っても奇声を上げて痛がる様子もないので今日退院しました。

全臼歯抜歯で症状が落ち着いてくれることを期待します。
もしあまり改善しない場合は、犬歯の抜歯を実施して反応を見ます。
もしそれでも反応しない場合は、幹細胞療法を提案したいと思っています。

早く痛みから解放してあげたいです。

バニラ君

2018.02.16 Friday

生後2か月のラブラドールレトリバーのバニラ君
新しいパパやママのお家に来て5日が経ちました。

新しいお家に来た頃から軟便で、1日に10回くらい排便します。
今日は少し便に血も混ざるようになったと来院されました。
検便でクロストリジウムという菌が異常に増殖していることが分かりました。

バニラ君は下痢はしていますが、元気や食欲はあり嘔吐は見られません。
診察中も元気一杯で少しもじっとしてくれません。

久しぶりのラブラドールの子犬ちゃん。
CHAMP君の小さいころを思い出しますね。
かわいい〜〜

DSC00685.JPG

膀胱結石

2018.02.14 Wednesday

昨日、今日と膀胱結石の手術がありました。

昨日は6歳のオスのシュナウザーのエース君
トリミングで来院した際、トリマーが皮膚に腫瘤があることに気付き
細胞診を行い肥満細胞腫であることが分かりました。

肥満細胞腫の摘出手術前の術前検査時に膀胱結石が見つかり
尿検査で溶解することができない結石であることが分かり
肥満細胞腫摘出手術と膀胱結石摘出手術を行いました。


今日は12歳のパグのフランク君です。
膀胱結石が尿道に流れて尿閉をおこしました。
また以前から精巣の腫瘍もあったため
膀胱結石摘出手術と精巣摘出手術を行いました。

今後膀胱結石に対しては結石の分析の結果をまち食事療法を行い予防を行います。

また肥満細胞腫、精巣腫瘍につきましては
病理検査の結果により抗がん剤も考慮していきます。

2日連続で結石+腫瘍の手術
2頭とも元気になて欲しいです。

(あかん・・・オリンピックが気になって・・ブログが書けないよ〜〜)

インフルエンザ

2018.02.10 Saturday

11月の終わりにインフルエンザのワクチンを接種したのに・・・
院長がインフルエンザB型に感染してしまいました。

微熱があり少し倦怠感があるそうです。
喉が痛いのですが関節痛はないそうです。

幸い食欲はしっかりとあるのですぐに元気になると思います。
同じ時にワクチンを接種し、ほぼ同じように生活をしている私は元気なのに・・・

昨年はインフルエンザのワクチンの供給が間に合わず不足していた時期があったので・・・
私はちゃんとワクチンを接種してくれたけど
院長のワクチン・・・実は生理食塩水だったんちゃうか〜〜なんて冗談を言っています。

そしたら「アホやから病気も寄り付かない」と返されました。
冗談言えるから大丈夫でしょう!!

皆さんもうがい・手洗いをしてインフルエンザにはご注意ください。

寒波

2018.02.06 Tuesday

毎日寒い日が続きます。
今日、高野山から来院された方が・・・
「今朝の高野山はマイナス10度だった。」と言っていました。
雪も積もっていて真っ白とのこと。

高野山に比べたらこちらは暖かいらしく・・・
診察が終わり帰るときにコートを忘れそうになっていました。

高野山に比べたら暖かいとはいえ、やはり橋本もとっても寒いです。
今日、アイちゃんのトレーナーが汚れていたので
洗って外のパドックに干していたら・・・

なんと干した状態で凍っていました。
よく北海道でタオルが凍るっていうのは見たことありますが
橋本でも服が凍るんですよ〜〜〜

みなさんワンちゃんや猫ちゃんが寒くないようにしてあげてくださいね。

日本獣医再生医療学会

2018.02.05 Monday

3日、休診をさせていただき横浜で行われた日本獣医再生医療学会に行ってきました。

今回は幹細胞療法を中心に聴講してきました。
特に衝撃的だったのは・・・
京都大学ウイルス・再生医療研究所 生体材料学分野の先生の講演です。

再生医療とは生体の持つ自然治癒能力を活用する医療です。
自然治癒能力を促すためには’塾呂旅發ず挧Δ鯆樟寨僂い襦⊆辺環境を整えて細胞の能力を高めることが必要です。

どんなに,稜塾呂旅發ず挧Δ鰺僂い討皚△隆超が整っていなければ細胞が能力を発揮することができません。

例えていえば,録祐岫△浪箸篆料ということです。

今まで再生医療といえば細胞ばかり注目されておりました。
少し反応して治療効果があったと喜んでいましたが・・・
本当はもっと細胞や生体には能力があるのです。

細胞が生着しやすいように足場を作ってあげて、細胞が活発に分裂増殖をしやすいように様々な因子を届けてあげるようにすれば今以上に細胞は能力を発揮することができるようになります。

これらを実現するには様々な分野の人、例えば組織工学の人、薬学の人、医師そし獣医師などが力を出し合う必要があります。

今は再生医療といえば細胞ばかりが注目されていますがもともと生体にいる細胞の能力を高めるように環境を整えてあげれば細胞を入れなくても治療できるようになる日が来るかもしれないとの講演でした。

すっごく熱い先生の講演でした。内容が濃すぎておぼれそうでした。

職業体験実習

2018.02.02 Friday

1月31日から2月2日までの2日間
隅田中学校の生徒さんが職業体験実習に来ました。
本来なら2名予定でしたがインフルエンザに感染したそうで1名だけ実習をしました。

診察台を消毒、手術の見学、手術器具の洗浄、
犬や猫の保定、champ君のシャンプー、歯磨きなどを体験してもらいました。
DSC00593.JPG
DSC00596.JPG
DSC00606.JPG

あまり長い時間お話をすることができませんでしたが
今回経験したことが直接的、間接的に将来の役に立ってほしいと思います。

ワクチン接種

2018.02.01 Thursday

今日は病院の犬と猫のワクチン接種を行いました。
昨日から隅田中学校の生徒さんが職業体験実習に来ているので
保定をお願いしました。
アイちゃん
DSC00573.JPG
CHAMP君
DSC00576.JPG
ツーちゃん
DSC00579.JPG

ミーちゃんはもう19歳と高齢なのでやめました。
これで病気は流行しても安心です。

CONTENTS
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制