和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記
HOME >  やぐら動物病院日記  > 鼠径ヘルニア

やぐら動物病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

鼠径ヘルニア

2019.03.18 Monday

毎日の診察で時々みるけれども特別多いわけではない病気というのがあります。
そんな滅茶苦茶多いわけではないはずの病気が立て続けに何頭も来院されることがたまにあります。

よくある疾患として子宮蓄膿症などは続けて何頭か来ることがあります。
(発情の後に発症するので時期があるんでしょうね)
看護師たちも「また子宮蓄膿症ですね。」と言っています。

でも今回は…・子宮蓄膿症ではなく
鼠径ヘルニアです。


鼠径ヘルニアとは足の付け根(鼠径部)にある隙間から脂肪や腹腔内の臓器の一部が皮膚のすぐ下に出てきてしまう状態の事です。
悪化すると小腸や膀胱、子宮などが出てくることもあります。

隙間が小さく鼠径部のふくらみが小さい場合は無症状ですが、隙間が大きくなるとヘルニア内に小腸などが入り込み腸閉塞を起こし、嘔吐や下痢、便秘、元気・食欲の低下などの症状が現れます。

またヘルニア内に膀胱が入り込んでしまうと排尿ができなくなります。


原因ははっきりとはわかっていませんが、先天的な鼠径輪の異常で起こることが多いです。
その他に後天的な原因として、事故による外傷や腹圧の上昇により起こることもあります。

治療はヘルニアが小さい場合は経過観察を行うこともありますが、基本的には外科手術を行い、飛び出した臓器を元に戻してから開いた隙間を塞ぎます。
腸管、膀胱膀胱、子宮が飛び出している場合は至急に手術を行う必要があります。


2月27日 ダックスとパピヨンのハーフのポカリ君(9歳2か月)
小腸がヘルニア孔に入り絞扼していた為緊急手術

3月4日 ダックスとチワワのハーフのフゥちゃん(11歳2か月)
発情に伴い子宮がヘルニア孔に入り込む

3月13日 ダックスのシェリーちゃん(4歳10か月)
ヘルニア孔に腹腔内脂肪が入り込む

3月15日 ダックスのラムネちゃん(避妊メス 9歳5か月)
夜中にソワソワとして動き回る 以前は無かった鼠径部に膨らみがあり圧迫により元に戻る。
再び大きく膨らんだり、ソワソワと落ち着かないことがあれば手術をするように指示をして経過観察中

以前からダックスやダックスミックスのワンちゃんはよく発症しています。
ダックスは腹の筋肉が弱いとセミナーで講師の先生が言ってました。



20日くらいの間で4頭は多いですね。
流石に5頭目は無いと思います。
(でも・・・今日会陰ヘルニアの柴犬のクロ君が来院しました・・・)

CONTENTS
カレンダー

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制