和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記

やぐら動物病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

腸重積

2018.10.31 Wednesday

1歳7か月の中毛のオス猫 ましろちゃん
27日ごろより少し元気がなく寝てばかりで29日の朝には嘔吐をしたと29日に来院しました。

いつもはおとなしく家で怒ることがないのに抱きかかえようとしたら怒って鳴いたとのこと。
触診でおなかの中に何か塊がありました。

日年齢から考えて腫瘍の可能性は低いと思われます。
異物を疑い日ごろ異物を食べる事はないか?ひも状のオモチャは無いかなど問診をしましたが心当たりはないとのこと

血液検査、レントゲン検査、エコーを行い、血液には異常は認められませんでした。
レントゲンでは拡張した腸と異常なガス像が認められました。
エコー検査では特徴的な腸重積を起こした腸管像と腸管内液体貯留が認められました。

腸重積は腸の一部が反転して隣り合う部分の内部に入り込み、腸と腸が折り重なってしまう状態です。
腸が折り重なった部分は正常な大きさに広がることができないため、内容物が滞留し腸閉塞を起こします。
腸が完全に塞がってしまうと血行障害を起こし腸管が壊死を起こし命にまで危険が及ぶため緊急手術が必要となります。


腸閉塞を起こす原因は大腸炎、下痢、寄生虫、腫瘍、異物、過去に行った手術などです。


ましろちゃんも29日の夜に緊急手術を行いました。
回腸から結腸への移行部である回盲腸部において重積を起こしていました。
重積を起こしている腸管を押し出し、壊死を起こしていないか確認をしました。

腸管の漿膜面に少し裂傷はありましたが腸管は壊死をおこしていませんでした。
重積を整復し裂傷を起こしていた漿膜の縫合を行い閉腹をしました。

術後、食欲の回復も見られたため今日退院しました。
(ストレスのため少し狂暴になってきたこともあり強制送還気味なのですが・・・)
ましろちゃんの場合思い当たる原因が無いのですが・・・・
しいて言えば少し糞隗の中に小さな異物がありましたが・・・。

無事退院できてよかったです。

CONTENTS
カレンダー

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制