和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記
HOME >  やぐら動物病院日記  > セミナー

やぐら動物病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

セミナー

2018.09.18 Tuesday

月曜日にセミナーに参加しました。
今回のテーマは「鑑別スキルUP 病理解剖室からの提言」です。


今回の講師の先生は東大の病理の先生です。
難治性の皮膚炎や外科的に摘出した腫瘍や組織検査
そして治療の甲斐なく死亡したワンちゃんや猫ちゃん病理解剖検査などについて
病理医から視点で講義がありました。



講義の中で忠犬ハチ公の話もありました。
忠犬ハチ公の臓器はホルマリン標本になって東大に大切に保管されているそうです。

獣医学の進歩によりハチ公の死亡原因の可能性もわかってきました。
私たちが聞いていたのは焼鳥の串が刺さって死亡したということでしたが・・・
胃の中には4本の串はあったのですが胃に刺さり胃の穿孔をしたり腹膜炎をおこしたり
はしていませんでした。

心臓にはフィラリアの寄生もありましたが当時の犬としてはフィラリアの感染は珍しいものではありませんでした。
ただフィラリアは多数寄生していた為、腹水などフィラリアによる右心不全の兆候は見られていたそうです。

近年MRIの検査を行い肺と心臓に悪性腫瘍があることが分かりました。
癌の種類は特定することは出来ませんでしたが、肺に発生した癌肉腫が心臓に転移した可能性が高いそうです。

忠犬ハチ公の死亡原因はフィラリア症による右心不全と肺と心臓にできた悪性腫瘍によるものだそうです。

臨床だけではわからないことも病理検査を行うことにより正しい診断を行うことができるので今後は病気検査も多く取り入れていきたいと思います。

CONTENTS
カレンダー

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制