和歌山橋本市にあるやぐら動物病院は病気や予防、トリミングサロンの専門病院です。
やぐら動物病院 お気軽にお電話ください 0736-33-5231 携帯に登録していただくと便利です。 やぐら動物病院
病院日記
HOME >  やぐら動物病院日記  > セミナー

やぐら動物病院日記

私達スタッフが過ごしている毎日を通して、やぐら動物病院がどんな病院かを知っていただけたらと思います。

セミナー

2018.04.21 Saturday

昨日、府立大学で夜セミナーがありました。
今回のテーマは「メラノーマ治療の現状と課題」です。

メラノーマの発生部位は歯肉、口唇、爪床、皮膚などです。
特に口腔内メラノーマは浸潤性で高転移性です。

口腔内腫瘤のうち38.8%が悪性腫瘍、35.7%が良性腫瘍、24.3%が過形成および炎症です。
また口腔内悪性腫瘍の62.9%がメラノーマです。
好発犬種はミニチュアダックスフントです。

口腔内メラノーマの予後因子は臨床ステージと骨融解の有無です。
ステージ1は腫瘍が2儖焚次
ステージ2は腫瘍が2〜4
ステージ3は腫瘍が4儖幣紊泙燭魯螢鵐兩疆尚椶△蝓
ステージ4は遠隔転移ありです。

ステージ1で外科手術を行った場合の予後は17〜18か月、放射線治療単独の場合は758日です。
ステージ2では手術を行った場合、5〜6か月、放射線療法単独の場合278日
ステージ3では外科手術で3か月、放射線療法単独で163日
ステージ4は外科は適応外、放射線療法単独で80日です。

メラノーマに対して化学療法はあまり効果がありません。
ただ現在国内販売は行われていませんが海外ではメラノーマに対してDNAワクチンが発売されています。
また人薬の免疫チェックポイント分子阻害剤の「オプジーボ」も効果があるようです。
(ただし人でも超・超・超高額な治療なので現実問題として使用は難しいです。)

犬で実施可能な治療は外科手術と放射線療法です。
ステージ1で発見し早期に外科手術をおこなえば長期生存することができます。

日ごろから歯磨きをするときなどに歯肉に腫瘤が無いか、チェックをしてあげてください。
また定期的に歯石除去を行い発見することもできます。

ステージが進み腫瘍が大きくなると出血や悪臭のため、ワンちゃんも飼主さんもとてもQOLが低下します。
早期発見、早期治療を心掛けてください。

CONTENTS
カレンダー

〒648-0096
和歌山県橋本市御幸辻184-4
TEL:0736-33-5231
FAX:0736-33-3388
【診療受付時間】
(日曜・祝日休診)
平日
午前9〜12時/午後5〜8時
土曜
午前9〜12時/午後5〜7時

TEL 0736−33−3531
休日:日曜祝日
午前9時半〜午後6時
完全予約制